FC2ブログ

2011秋キャンプ

9月最後の週末に親子でキャンプに行って来た。

行き先は富山県朝日町の「ヒスイ海岸キャンプ場」。

一昨年から3年連続でおじゃましている。


妻は「キャンプなんか大っキライ。トイレ汚いし最悪!」

という人だったのだけれど、

一度このキャンプ場へ行ってからは

「キャンプに行きたいねえ」というようになった。

ここのキャンプ場は設備もロケーションも管理も良く、

特に感心したのはトイレで

キャンプ場ではありえないほどの清潔さ。

たいがいのキャンプ場のトイレは虫だらけで、

妻もそれに対して悪印象をもっていたようである。

こちらのトイレは無用な開口部がなく

虫が侵入できないようになっていて、

さらに照明もセンサーで点いたり消えたりするので、

明かりで虫を集めてしまうこともない。

初めて利用したときはなるほどなあと唸った。

まあ自分は野原でキジ撃ちでも良いのだけれど、

さすがに妻と娘たちにはおすすめできない。


初回が楽しかったので毎回それを踏襲して、

金曜の夜に出発して、まずは何処かで夕飯。

今年は上越の「GO!GO!宝来軒」でラーメン。

みんな大満足!

それからビデオレンタルで「お笑いのDVD」を借りて、

国道8号を南下しながらオドサマは港々で釣りをし、

妻子は心ゆくまでお笑いDVDを愉しみ夜明かしする・・・

と、いつもならそういう寸法なのだけれど、

今年はあいにくの雨模様で

釣り糸を垂れるでもなくするすると走り下り、

県境の市振の道の駅で仮眠。



 夜明けに寒くて目を覚ましたら雨が上がっていた。

天気はあきらめていたのだけれど、

ありがたいことにそれから日曜日にテントをたたむまで

お天道様のご機嫌が良かった。

誰の行いが良くてこの僥倖を得たのかという話しになって

それぞれが自分にちがいないと主張した。


さては釣りだ釣りだと、

けれども餌の用意が無かったので釣具店を探し回り、

そのうち皆が空腹を訴え始め立ち寄ったサークルKに、

「イソメあります」

と張り紙があった。


サークルKでイソメとまき餌(コマセ)のアミエビを入手し宮崎漁港へ。

天秤仕掛けで放ってみたり、

サビキ仕掛けにコマセを撒いたりしながら昼過ぎまで過ごした。

時期がどうなのか、大きめなキス、メゴチ、ハゼがそれぞれ1匹づつ。

サビキでは豆アジが15匹ほど。

そして「お笑いDVD」でアハハオホホと笑っていた妻の撤収の号令で

投げ竿のリールを巻いたところ、

思いがけなく可愛いシマダイが二匹掛かっていた。

シマダイ釣れた

シマダイは飯盒で鯛めしに、

他の魚は唐揚げにして食べた。

いったん冷めた唐揚げを炭火に炙って、

熱々をポン酢にジュッとつけてハフハフサクサクと食べて飲むビールは

なんとも格別だった。

シマダイ鯛めし


食後、寝不足の妻子はそれぞれ寝床に潜り込み、

オドサマは松ぼっくりを拾ってきて残り火にくべ、

それからもうしばらくお酒と焚き火を楽しんだ。


松ぼっくり焚き火


二泊を明かして汚れくたびれて立ち寄り湯へ行くのも

このキャンプのお楽しみなのだ。

昨夜遅くまで半分気絶しながら松ぼっくりの煙にあたっていたので、

全身がいぶったくて、目も赤くなってショボショボする。


去年も一昨年も糸魚川市の早川上流、焼山の麓の温泉に行ったけれど、

実はこのキャンプ場のすぐ目の前にも温泉があって、

今回は午前のうちにそちらで汗を流した。


露天風呂に長く浸かりっぱなしのオジサンがいて、

どうも居眠りしている様子で

鼻の穴まで湯に浸かるとひょいと顔を上げ、

またゆっくりと沈んでいく。

気掛かりで脱衣場からもしばらく見ていたのだけれど、

浮いたり・・・沈んだり・・・

多分朝酒でもしたのだろうと、見切りをつけた。


そして帰り道に必ず寄るのが旧青海町の「おっちゃんラーメン」。

おばちゃん(お姉さま)ばかり4~5人で切り盛りしている。

未だ「おっちゃん」の姿を見たことがない。

歴史上の人物なのかな?

ここの激辛ラーメンに親子でハマっている。

とはいっても年に一回のお楽しみ。

麺にまで唐辛子を練り込んだ真っ赤かなラーメンを

しゃっくりしながら食べる。

本当に辛いと、しゃっくり出ますよね(笑)

今年も楽しいキャンプでした。


〈 追 記 〉


 後日、テレビのニュースで70年配の男性二人が温泉で亡くなったと報じられていて、

まさにこの度のキャンプで立寄った温泉でした。

実はあのとき浮き沈みしていたオジサンがその後何ともなかったかと気に掛かっていたので、

ニュースにはギョッとしましたが、

日も過ぎており、あのオジサンはそんな歳にも見えなかったので、

別の方だと思います。

ヒートショックという生理現象が原因のようだとの事。

多くの方が、お風呂に入ると血圧が高くなると勘違いしていますが、

実は血管が広がって、血圧は低くなります。

さらにその状態で湯船から上がると、

水圧から解放された体に血液が一気に流下し、脳貧血を起こします。

お風呂から上がって目の前が暗くなるような経験をされている方は多いと思います。

湯船の中にいるうちにこれで意識を失うと、そのまま溺死してしまいます。

飲酒も血管を拡張させるので、飲んでからのお風呂は、本当はかなり危険なのですね。

皆様、是非お気をつけ下さいね。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR