FC2ブログ

ヤマウコギ

 春の花々が本当にきれいだ。

レンギョウの黄色に桜の薄紅色、

白や薄紫のモクレン。

足元にも小さな花が咲いている。

桜が満開になる頃になると、

残雪の中で緑の芽吹きも始まる。

 車で走りながら、目の端に入った緑が気になり引き返す。

ああ、やっぱりそうだ、

ヤマウコギ自生

ヤマウコギ。

 以前、山形県・米沢のことを本で読んだことがあった。

昔、藩が救荒作物としてウコギを生垣にすることを奨励したという。

いつか採集してみたいと憧れていて、

でも身の回りに自生するとは思っていなかったので

不意に子供の通学路で見つけたときには興奮した。

囓ってみると、まさにタラの芽やコシアブラに共通の

爽やかな香りとキド味があった。間違いない。


 一度知ってしまえば、不思議と至るところで目に入ってくる。

このあたりでは誰も利用する人はいない。

オドサマが知らないだけかもしれないけれど、

話題に登ったことも、ご馳走になったことも無い。

近年、コシアブラの知名度も上がり、

山へ行くとタラの芽やコシアブラは無残なものである。

二番芽も三番芽も採り尽くされている。

木を切り倒して芽を摘んで行く不届き者もあるという。

なのでオドサマは、このウコギのことは

人には教えないことにしている。

一掴みを頂く。

ヤマウコギ収穫

本来は薬用に用いられ、漢方では五加皮という。

効能は、強精、強壮、インポテンツ、鎮痛・・・

ちかごろ興味のある効能ばかりである。

積極的に利用したい。

妻に教えればそんなモノ食べるなと言われるだろうな。

鎮痛以外の効能は内緒にしておこう。


 この辺りに自生するものは在来種のヤマウコギで、

米沢の生垣のものはヒメウコギという中国原産種であるらしい。

いつか米沢のものも試してみたい。

ウコギ飯のおにぎり

 ウコギ飯は塩味をつけて炊いたご飯に

茹でて固く水を切って刻んだウコギを混ぜ込む。

今回は即席で、普通に炊いたご飯に塩とウコギをまぶして

おにぎりにした。


 昼は腹が減っているので何を食べても美味しいけれど、

今日のウコギ飯おにぎりは特別な気がする。

身体に良いものが口にもおいしいと言うけれど、

やはり身体がこの薬草の効能を求めているのかもしれない。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR