FC2ブログ

2017秋のキノコ散歩①


2017年の秋は時間に余裕がなくて、すっかりブログをご無沙汰してしまいました。年が明けて2018年となり、ご挨拶をかねて少しばかりこの秋の記憶をたどってみたいと思います。


9月下旬、柿の実が赤くなり始めたのを見て、キノコの様子を見に公園を歩いてみた。自然の恵みの旬を知るのに、目につきやすい何かと関連づけて記憶しておくのは良い方法だ。たぶん古人もそんな風に採集を楽しんできたのではないだろうか。

歩き始めて程なく、ナラタケモドキと出会った。コナラの木の立ち枯れに豆モヤシのように密集して発生していた。

DSC_0471.jpg

まだ成熟していない粒粒がほとんどで、なるべく成長したものを選んで採集した。

DSC_0473_201801110848260e3.jpg

ナラタケとの区別は、柄の上部に傘の縁が付着していた痕跡である薄膜状のツバが見られないところが特徴的で、サイズも小さい。味覚的にはナラタケよりも劣る印象だけれど、じっくり煮込むと口触りが滑らかになり、十分に美味しい。

DSC_0475.jpg


苔だろうか、それとも菌類だろうか。可愛らしく赤い穂をつけていた。初めて出会った小さな営み。

DSC_0482_2018011108483148e.jpg


アカマツの倒木に群生していたチャツムタケと思しきキノコ。これは食べない。

DSC_0478.jpg


毎年軽率なキノコ採集者を奈落に陥れる毒キノコ、クサウラベニタケ。このキノコを食べた者はすべからくトイレにひざまずいて頭を垂れ、便座に腰掛けては苦悶の表情で後悔の涙を流す。

DSC_0483.jpg

クサウラベニタケは食用のウラベニホテイシメジとよく似ていて判別が難しい。ウラベニホテイシメジには傘表面に薄絹を被せて指で押さえたような淡い表情があり、クサウラベニタケにはそれが無い。

DSC_0484.jpg


ナラタケモドキだけを持ち帰る。

DSC_0487.jpg


家に戻ったら飼い猫の「ねこ」が擦り寄ってきて、地面でくるりくるりと親愛の情を表現した。怪我で尻尾をなくしているのでカピバラっぽい。

DSC_0488_20180111084837213.jpg


郷里の青森ではナラタケもナラタケモドキも、「サモンダシ」の愛称であまり区別せずに利用する。新潟でもアマンダレ、ヤブタケ、ズランボなど地域ごとに愛称があり親しまれている。野生キノコはナスと合わせるのが新潟風で、ナスは毒消しになると信じられている。

DSC_0500.jpg


〈追記〉

クサウラベニタケは非常に中毒例の多いキノコですので、参考までに以前採集したウラベニホテイシメジの画像も添付しておきます。こちらは食べられる方です。シメジの仲間には苦みのある物があって、ウラベニホテイシメジも結構苦いのですが、世の中には苦い食べものが好きな人もいて、胡麻和えや白和えなどで賞味されます。

DSC_0042_2018011114254117c.jpg
薄絹をかぶせたような霜降り状の傘表面。所々に指で押さえたような斑紋が見られます。けれどもそれらの特徴が不明瞭な個体もあるので、確信が持てない場合は冒険しないようにしましょう。

DSC_0041_20180111142540f0c.jpg
ヒダが肉色で、胞子の色が薄ピンクなのもクサウラベニタケと共通の特徴です。ひだの密度も似た感じです。

DSC_0043.jpg
クサウラベニタケより全体に大柄ですが、サイズの小さめなものもあり、姿形での区別は困難です。

みなさんクサウラベニタケには注意してくださいね(^^)/~

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

鍵コメさま

お父上のこと、心からお悔やみ申し上げます。
一昨日のコメントを拝見して、楽観できないながらも入院治療で回復に向かわれるのではと思っていたのですが、わずか一日の猶予を得たのみでご逝去されたとのことで、ご心痛をお察し致します。

ご承知の通り当方も先日父を見送ったばかりですが、郷里から来てくれた父の近親者がみな笑顔で父の亡骸に話しかけている姿が印象的でした。私が生まれるずっと以前から父と関わってきた人達が、父のささやかな人生を肯定するように言葉をかけたり頭を撫でたりしている様子を見ていると、それぞれが自身の中に息づいている父と「会話」をしているように感じられました。

力こぶの腕に幼い私達をぶら下げて笑っていた父も、老いてオランウータンの赤ちゃんのようになった父も、私はその姿も肉声も語りそうな言葉もありありとイメージすることができます。なので不思議なほどに喪失感がありません。

きっと鍵コメ様のお父上も病んだ肉体から解放されて、親しい皆さんの中で自由自在に若返ったり、思い出の場所に現れたりしながら、こちらが求めればいつだって笑顔も向けてくれるし、言葉も語ってくれるのではないでしょうか。お父様の存在の終焉はもっと先にあると私は思います。


〈追伸〉

春の芽吹きが始まったのでサボっていた記事更新をぼちぼち再会しようと思っています。お弔いが落ち着きましたら、是非またお立ち寄りください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

草子さまこんばんは。

返信がすっかり遅くなってしまい申し訳ありませんでした^^;
実はこの度のコメント、深夜の山形のラーメン屋さんで確認させて頂いたのですが、
1/27朝に父の訃報を受けまして、月末に期限のある仕事をなるべく片付けてからトコトコと仙台へ向かっておりました。
父の介護も見取りもすっかり弟にまかせっきりの頼りない長男坊のままで父を見送ってきました。

草子さんはご両親と野良仕事をされたりしますよね。
文章で拝見していてもご両親への思いや敬いが感じられるし、きっとご両親もそれを感じておられるのでしょうね。

大好きな民俗の仕事に就かれているようで何よりです。
きっとご本業にもフィードバックがあるでしょうし、草子さんの文章力と感受性は民俗の探求にも活かされるのではないでしょうか。きっと何も無駄にならないと思います。

明日からまた吹雪だと天気予報が言っていますね。この週末にはそろそろしなければと思っていた屋根の雪下ろしは、吹雪の中で決行する羽目になりそうです。いやはや。

いつも心のこもったコメントをありがとうございます。それではまた(^^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR