FC2ブログ

2017 秋の仙台行き(3)



土曜の午後からのセミナーと懇親会は、寝不足の割には案外調子よく過ごすことが出来た。

初対面の人ばかりの中で、それでも懇親会ともなれば互いに会話の緒を探しながら、お酒の力も借りて楽しいひとときを過ごした。自分より少し先を行っている人の話が聞けたりするので、セミナー後の懇親会は有意義だ。


懇親会が有意義すぎて後遺症の残った日曜日。
弟の職場で出店をしているイベントが仙台で開催されているらしく、顔を出しに行くと言うのでついていく。和牛の祭典らしい。

DSC_0422.jpg

弟の職場は携帯電話屋さんなのだけれど、出産を控えた雌牛の体温変化を携帯電話で確認できるシステムも手掛けているのだそうだ。生き物を飼う仕事は年中休みが無いので、そんな技術の進歩はきっと助けになることだろう。

会場は全国の畜産関係者で溢れており、皆それぞれの産地がプリントされたお揃いのポロシャツなどを着て、地面に車座になって弁当をつついたりしている。白い長靴を履いている人が多い。

DSC_0419.jpg

名だたる和牛産地から提供される無料試食コーナーもあるので、一般見物客も含めてかなりの人出だった。昨日は仙台駅周辺でストリート・ジャズ・フェスティバルも開催されていて、「ジャズフェスのせいでホテルに空室がなくて困った」と、昨日のセミナー参加者が話していたけれども、むしろこちらの全国和牛共進会に全国から自慢の牛を連れて参集した皆さんによる影響だったのだろうと思った。

DSC_0420.jpg

通り過ぎざまに、ガラケー(※)を耳に当てて大声で話している他郷のオドサマの言語がまったく意味不明で、「九州方面の言葉だえんたな(みたいだね)」と、九州で勤務経験のある弟が津軽弁で話した。

(※ ガラケー : ガラパゴス携帯。かつて主流だった携帯電話。片手で扱いやすいので今も職人さん等に根強い人気がある。)

出店しているブースはどれも興味深く、畜産のプロに向けられた製品やサービスは素人の私達が日頃目にすることのないものばかりで面白かった。

DSC_0425.jpg
DSC_0426_20170930231044c35.jpg

刃渡りの短い薄刃のナタのような刃物があり、何に使うのかと店主に尋ねると「牛や馬の爪切りだね」と。それをもう少し縦長にしたような刃物もあり、「これは?」と尋ねると「鶏や豚を〆たり、なんにでも」とのことだった。

隆々と肥えた黒牛の側面写真の横に、どこか特定の部位の鮮やかな霜降り肉の断面写真が添えられていたりするのを見ると、何か現実的な悲哀と浮ついた俗欲とを並べて提示されているようで、どのように見ていいのか少し戸惑う。

二日酔いで牛肉の焼ける匂いにはまったく触手が動かず、イチゴ氷を食べて賑やかな会場を後にした。


上越への帰り路、山形で以前から気になっていた食堂に立ち寄ることが出来た。いつも営業時間にタイミングが合わずにいたのだ。気張っていない近所の食堂といったたたずまい。

DSC_0428.jpg

個性的でない、という個性が光る一杯。際立って目を引くところはないけれど、当たり前のように美味しい。

DSC_0427_20170930235204a8f.jpg

店内に漂うカツ丼の匂いを嗅ぎながら啜る中華ソバは、なかなか贅沢だ。懐かしい近所の食堂の空気感。
次に来る時はカツ丼を注文してみようと思った。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

don chi 様

明けましておめでとうございます。随分ご無沙汰してしまいましたが、新年のご挨拶代わりに記事を更新いたしました。この秋は色々と余裕がなくて2回しかキノコ散策が出来ませんでしたが、遅ればせながらそのご報告です。ぜひご一読下さい(^^)/

No title

オドサマはお元気ですか?

寒中お見舞い申し上げます^^

Re: No title

草子さま、こんばんは。

まずはお父様の体調が回復傾向ということで、お喜び申し上げます。
うちの父もそうでしたが、薬の影響で生活行為がままならなくなるということが本当に多いと思います。ことに歩けるか歩けないかといった境界線上を行き来しているような予備力のない高齢者は、ささいな体調の変化で行為能力が大きく浮き沈みするので、薬の副作用も影響が大きいです。適宜医師に状態を伝えながら調節してもらうことが大切だと思います。

牛の祭典ですが、とても興味深かったです。あれは本当に、草子さんのような方が訪れれば色々収穫が多いと思います。次回は確か五年後ですが、開催地は何処になるのかな? 畜産農家は日頃は旅行など出来ないそうなので、少しは慰安旅行の要素ももあるのかもしれませんね。

長岡での講演会、山古志の方が講師なら牛の話題は外さないでしょうね。面白そうですが、残念ながら当方は予定が埋まっていました。牛の爪切りの件など、ぜひ講師を質問攻めにしてみて下さい。

ナラタケの収穫があったので、近々記事にしたいと思っています。是非またお立ち寄り下さい。コメントありがとうございました(^^)/






> オドサマ、こんばんは。
> ごぶさたしております。和ませていただきに伺いました^^
>
> 和牛の祭典、面白そうですね! 牛の爪切りは民俗資料にも、たまに出てくるのですが、それを実際に使った経験のあるひとは、もうほとんど居なくなっています。こちらの牛の爪切りがどんな形状の道具か、ちょっと気になります。ほかの飼育道具も興味深く、ああ、こんなところへ行ってみたい、覗いてみたい。そして資料として展示パネルなどを撮りまくりたい!と思ったわたしでした。
>
> 牛といえば、今週土曜だったか、長岡の歴史博物館で山古志の方が講演をされるそうです。牛の話も出てくるかもしれません。昨年夏に三日間だけ山古志の現場へ入れてもらった親近感もあって、行く気満々でいます。ささやかな楽しみが博物館で勉強って、なんだかオタクみたいですけど、まあそんな感じなので仕方ありません(笑)
>
> 痛み止めが効きすぎて、末端神経がマヒしていた父も、おかげさまで、ゆっくりですが回復してきています。しゃべりもだいぶ鮮明になってきました。自力で食事もできます。買い物ついでに車に乗せて遠まわりしてあげたら、ひさしぶりの外出がよほど気分よかったらしく、無理やり5000円札をつかまされました(笑) 1000円札と間違っていないか心配です(笑)
>
> ほかのいろんな物事も、なんとなしに順調に回りはじめたような。さぼっていたブログの更新もしなくては。長いコメントで失礼しました。それでは、また~^^
>
> p.s. おいしそうなラーメン! ふつうにおいしい、って大事ですよね。食堂のふつうのラーメン大好きです^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは。

光太郎さま

はじめまして。光太郎さまも津軽のオドサマとのことでお仲間ですね。
現在も青森県内でお住まいなのでしょうか。

これからとれるキノコということですが、
青森で人気なのはやはり
サモンダシ(ナラタケ)と、ハナイグチ、ヌメリイグチなどのイグチ類、アミタケなどだと思います。
カラマツやアカマツの混じる雑木林や、海岸の松林などがねらい目です。

もう少し寒くなって紅葉が進み、ブナやナラなどの広葉樹が葉を落として森の見通しがきくようになると、
立ち枯れた木や倒木を見て歩くのが良いです。ナメコ、クリタケ、ヒラタケ、ムキタケなどに出会えます。

毒キノコのツキヨタケはヒラタケやムキタケとよく間違えられるので要注意です。
新潟では今年すでに二件のキノコ中毒が発生していて、いずれもツキヨタケです。
扇形のキノコで柄が片側に寄っていますが、真ん中で二つに割いて断面を見ると
柄と傘の境目のあたりにコーヒー色のシミのあるのが判りやすい特徴です。

山菜やキノコに関しては、青森は採集者に大らかですね。
私のいる上越は「山菜取りお断り」の看板だらけです。

この秋、美味しいキノコたちに出会えると良いですね。
コメントありがとうございました。

追伸:ご紹介頂いた掲示板のURLですが、なぜだかエラーメッセージが出てアクセスできませんでした。登録者しか見れない仕組みなのかな・・・ということで、まんだよってけへのー(^^)/~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR