FC2ブログ

ノノバ(ツリガネニンジン・ナンテンハギ)



小学校の桜に提灯を付けてから一杯やろうということで出掛けていったのだけれど、現場には誰もおらず、お仲間の春さんが自宅前にいるのを発見して声をかけてみた。提灯付けは雨のために中止になったらしい。春さんはオドサマの山菜採り師匠だ。今日はすでに少しお酒の匂いがしている。

「おまん(お前さん)、ノノバ持ってくかね?裏の雪の上にまけてあるし、もってきない(もっていきなよ)」

山にはまだ雪が多く残っている。春一番のノノバは雪消えの早い急斜面に張り付くようにして採集されるが、雨の中、難儀して採ってきた山の恵みを、こうして躊躇もなく人にくれてしまうのである。この地域では春を告げる味覚として、ことのほか喜ばれる山菜である。

DSC_0190.jpg

ホンノノバとかチチノノバと呼ばれている植物の共通名はツリガネニンジン。キキョウ科の植物で、高麗人参の親戚のような薬草である。茎を折ると白い乳液が出る。食べるとキキョウ科の山菜に共通する独特の風味があり、旨味が濃い。

アズキノノバの共通名はナンテンハギ。こちらはマメ科の植物で、なるほどよく噛むと豆っぽいコク味と甘味がある。

DSC_0188~2
左がツリガネニンジン、右がナンテンハギ。

本当は別々に味わえば良いのだろうけれど、この辺りでは両者をあまり区別せず混ぜこぜにしてお浸しなどで楽しまれている。まだ畑の野菜の無いこの時期、今のように冬でも生鮮野菜が手に入るようになる以前は、厳しい冬を乗り越えた後の格別なご馳走だったのではないだろうか。

今回は甘酸っぱ辛く、ナムル風に料理して楽しんだ。

DSC_0197.jpg



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR