FC2ブログ

岩ノリ採り



昼に直江津の上海軒さんでラーメン大盛りを食べ、午後一番の用事は上越保健所さんなのだけれど、昼休み中に伺っては悪いので海を眺めて時間調整。

「そういえば大寒のこの時期は岩ノリの季節だったな・・・」

幸い雨雪は降っていないので車を降りてみた。

DSC_0067_201502052250556f5.jpg

ちょうど潮が退いているようで、コンクリートの護岸にアオサの緑が綺麗に延びていた。
このアオサは河口などで採れる一般的なものとは違うようで、「オニアオサ」と呼ばれている。
食べるとやや硬くモサモサするが、香りは良い。
よく干して揉むと焼きソバなどには具合がいい。

住み分けが出来ているのか、アオサより高い段に暗紫色の岩ノリが付いている。よく伸びているので少しだけ摘んでいくことにする。

滑るので注意が必要だ。
ときおり高い波も来る。
本来ならスパイク付きの長靴に雨合羽という支度で臨むべきなのだけれど、仕事の途中の道草だ、ひやかし程度に楽しむ。

以前、富山の海岸で怖い思いをしたことがあった。
親子で遊びに行った通りがかりに、やはり階段状の護岸に不用意に踏み込んでしまったら、濡れてノリの張り付いたその段面は海に向かって微妙に傾斜していて恐ろしく滑り、危うく冬の富山湾で寒中水泳をするハメになるところだった。
高這い姿勢で指掛かりのとぼしいコンクリ面に両手の爪を立てしばらくジッと辛抱していた。
富山の海は深く、水際からすでに底が知れないような不気味な濃紺をたたえている。
もうダメかと思った時に履いていたジーンズが滑り止めになるかと思い、そっと膝をつき、へっぴり腰でどうにか這い上がってきたのである。
車からその様子を眺めていた妻子はそんな緊迫した場面であるとは思わなかったらしく、おかしな格好でジッと護岸の上に静止して何をしているのだろうと思ったらしい。

思えばこのブログに初めて投稿した記事が岩ノリの話題だった気がする。
何年経ったのだろう?

以前も書いた気がするけれど、コンクリ護岸のノリはつまみ取ると石付きにコンクリ片が付着してきて、これは砂とは違い洗っても落ちないので、刃物かハサミで切り取るのが要領。
今回のノリはよく伸びていて、つまみ上げると周辺のも一緒に浮き上がり採りやすかった。

DSC_0066.jpg

ほんのわずかな収穫だけれど、真水で洗うと塩気が抜けてかさが増える。
天日に当てると香りが一際よくなるが、冷蔵庫で寝かしておいても香りが立って美味しくなる。

干潮で波が穏やかで時間がなければ楽しめない岩ノリ採り。
偶然手にできた、ささやかな充足感。

IMG_20150205_143544.jpg

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR