FC2ブログ

アブラシメジ




仕事にキャンセルが入ったので少し長めの昼休みにキノコ散策。
一人でのんびりと森を歩くのも久しぶりな気がする。
今年は身の丈にそぐわない御役目を色々と預けられてしまい、なんだか自由になる時間がない。

小さな赤いキノコが出迎えてくれた。

DSC_0767.jpg

ベニヤマタケ、かな?
食用になるらしいけれど、今日は鑑賞のみ。
かわいいキノコだ。

少し進むと今度は白いキノコがポツポツと。

DSC_0774.jpg

カノシタ。美味しいキノコだ。
数がまとまっているので収穫していくことにする。

DSC_0771.jpg

カノシタは「鹿の舌」の意。
傘の裏がヒダではなく細かな針が密集したような絨毛状になっていて、それが鹿の舌の様だということらしい。

DSC_0789.jpg

さらに少し歩いたけれど他にはめぼしいキノコが見当たらず、車に戻り場所を移動。

スレてとろけてしまったヌメリイグチを見つけて恨めしく眺めていたら、その向こうに姿の良いキノコが見えた。

DSC_0780.jpg

アブラシメジだ。

アブラシメジは傘にも柄にもおびただしいヌメリがあり、ヌメヌメキノコ好きには嬉しいキノコだ。
風味もよく、旨味のある良いだしが出る。

DSC_0783_20141121192801e45.jpg

難点は、キノコがもろく壊れやすいことと、キノコ虫(細長いウジの様なニョロニョロ虫)に侵されやすい点だろうか。
美味しいキノコに群がるという点では虫もオドサマも一緒なので、ナメクジともども、永遠のライバルである。
今回はオドサマが早かったようで状態の良い物が採取できた。

その後も状態の良いアミタケやヌメリイグチ、ヒオウギタケなども採れて、少しの空き時間で結構な収穫があった。
心の充電もできた。

DSC_0776.jpg
DSC_0779.jpg
アミタケ

DSC_0784.jpg
DSC_0785.jpg
DSC_0788.jpg
ヌメリイグチ

DSC_0787.jpg
ヒオウギタケ

DSC_0790.jpg


アミタケとヌメリイグチは茹でこぼしてから赤唐辛子、シソの実を加えて醤油、味醂で煮詰め、冷ましてからガゴメ昆布と和えてキノコの塩辛に。
アミタケは茹でると色が赤紫に変色する安心な特徴を備えていて、郷里の青森ではハナイグチと共にことのほか好まれているキノコである。

DSC_0793_2014112119290808b.jpg
DSC_0794_201411211929084ea.jpg


アブラシメジとヒオウギタケは先般収穫してきたキシメジやらクリタケやら入りの残り汁に投入し鍋焼きうどんに。

DSC_0796_20141121192945081.jpg

オドサマは個人的にこのようなマイナーな野生キノコの怪しいうどんを「天狗うどん」と名付けて、自己責任で一人楽しんでいる。
半端な量のキノコを投入しては煮返して楽しんできた怪しいキノコ汁も、とうとう今回で無事完食となった。
・・・冬が近い。


プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR