FC2ブログ

フキノトウとアザミ




高田公園の桜が満開だというのに、この辺りはまだまだ雪の残る早春の景色。

雪の消えたばかりの湿った地面からフキノトウが顔を出している。

DSC_0463.jpg

日当たりの良い斜面にはアザミの姿もちらほら。

DSC_0431.jpg

葉や茎の柔らかな今が食べ頃かなと手を伸ばすと、なかなかどうして硬くて鋭利な葉先のトゲが皮膚を刺す。

DSC_0433_20140424005740e42.jpg

フキノトウといえば天ぷらか蕗味噌か・・・オドサマはどちらかと言うと蕗味噌派だ。温かいご飯に乗せて食べると本当に美味しい。もしも人の体に体内暦のようなものが備わっていたなら、オドサマの暦はこの峻烈な香りでリセットされている気がする。

蕗味噌も人それぞれに作り方は色々だ。炒める派もあるし茹でる派もある。「茹でてから炒める!」という人もいるかもしれない。オドサマは茹でる派だ。炒めると色が悪くなるし、香りや苦味も強すぎる気がする。茹でて水に晒すと色もきれいに出るし、風味の強さも調節できる。

DSC_0444.jpg

今回はそうして下処理したものを、絞って刻んで砂糖で和えて、麹醤油(味噌でOK)を乗せて胡麻油をちょろり。色もきれいだし、手元で混ぜて食べるのがちょっと楽しいかも。

DSC_0445.jpg

アザミはコンロの上で炙ってトゲを焼いたものを湯通ししておいた。あとは汁の実にしてもいいし、炒めても美味しい。時間が経つと黒く変色してしまうので早めに利用したい。今回はフキノトウと同様に麹醤油で試してみた。こちらには砂糖は使わない。

DSC_0452.jpg

白馬へのスキー旅行で見つけてきた小谷の麹醤油がとても重宝している。味噌よりほぐれが良いので和え物が簡単に出来る。肉そぼろのような粒々感も面白い。


テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR