FC2ブログ

ハマダイコン


海岸道路を走っていて、

雪消えの道端に点々と見えはじめた緑が気になり車をとめる。

ハマダイコン自生画像

おお、久しぶり、ハマダイコン。


この時期、お店にはアスパラ菜やオータムポエムといった

素性の良いお友達が並んでいる。

あちらはツルリと帰国子女ふうの面持ちで、甘さが身上。

こちらは地生えの田舎娘。苦味辛味が身上である。

トゲトゲで、特有のダイコン臭も強い。

「どちらが好きか」と問われれば、

オドサマはどとらも大好だ。一掴みを頂く。

ハマダイコン収穫

この地では畑をする人が多いので、

秋にとり残した野沢菜の薹(とう)などを、

隣近所でくれたりもらったりしている。

なので、あえてこの野生大根を利用しようという人は

ほとんどいない。


オドサマは採集生活者を標榜しつつ、かなり貰いも多い。

自然は厳しいけれど、それだけに皆、分かち合う気風が強い。

・・・オドサマは貰いっぱなしである。


さてハマダイコン、

この度はどう料理してさしあげようか。

以前、ロゼットをそのままサラダにしたことがある。

ごわごわしていたけれど、

その個性を噛みしめて感動した憶えがある。

野生の栄養が全身に行きわたるような気がした。


下処理として、サッと湯通しをして、冷水にくぐらせた。

さてどうする?・・・冷蔵庫さんに相談してみる。

「おお、そうか、酒盗か!」

ということで、カツオの酒盗(塩辛)を乗せてみた。

それだけ?!

大根に塩辛、合わない筈がないだろうというもくろみ。

じつは常套手段なのだけれど・・・。

ハマダイコン酒盗のせ

絡めながら食べる。

うん!なかなか!美味いぞ!田舎娘。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR