FC2ブログ

岩ノリの吸い物

 先日採集した岩ノリの続き。

磯臭さをあえて残してみようかと真水を通さずに干してみた。

塩分があるとよく干し上がらないのではと思われたけれど、

湿度の低い季節のせいか、思いのほか良く乾いた。

でもきっと湿けやすいだろうな。早めに食べよう。


 ということで、さてどうして頂いてみようかと考えた。

定番はやはりお味噌汁だけれど、今回は少し遊んでみたい・・・

と、閃いたのが我が郷土、津軽は十三湖のシジミ汁。

味噌を使わない塩仕立ての、やや乳白色の澄まし汁である。

「ああ、あれなら海苔も引き立つかな」と、

早速スーパーを物色するもシジミの姿はなく、

代わりに牡蠣が目についた。

代わりと言うにはちょっと主役すぎるけれども、

今回はこれでいっちゃおうかな。


牡蠣1

 カキを塩水で軽く振り洗い。粒の大きなカキだなあ。


120-2082_IMG_convert_20110330141430.jpg

 鍋を火にかけると、だんだん汁が白濁してきた。


しお

 使う塩は「安塚の塩」(ちょっとピンぼけ)。

ご当地越後安塚の特産品のようですが、じつはフィリピン産の海水塩。

遠くフィリピンから安塚へ嫁いでみえた方の

ご実家の塩田で作られているお塩だそうです。

海のきれいなところだそうです。

結晶が大きく、ミネラル分が多いのか「塩辛さ」が控えめで、

味がとてもやわらかです。


干しのり

発酵中国茶の様な、はたまたラスタマンのヘアの様な

ガビガビの干し海苔をお椀に投入。


牡蠣と岩ノリの吸い物

牡蠣の汁を注ぎ込んだら赤茶色の海苔があら不思議、パッと緑色に。

おお、美味しそう。


岩ノリの昼食

どっからか山菜おこわおにぎりも出現して、本日のご昼食です。
(おにぎりはR253沿い、大島青空市場のお手製。う~ん美味い!)


 牡蠣の出汁が濃厚すぎて、岩ノリさん、ちょっと主役を奪われてしまった感じ。

今度はやっぱり、シンプルなお味噌汁にしてあげよう。



プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR