FC2ブログ

スギヒラタケ 他

10月に入って「ズランボでてるよ」と声が掛かるようになってきた。ナラタケのことである。新潟は東頸城のこの地ではそのように呼ばれている。けれども近隣の集落に行けばまた呼び名が異なり、ズベリ、モグラ、ヤブタケ、アマンダレなどとも呼ばれている。愛称の多いキノコである。それだけ親しまれているのだろう。郷里の青森ではサモンダシと呼ばれている。稲刈り作業の合間に自宅近くの森へ探しに行ってみた。

始めに目についた大きなキノコ。

DSC_0701.jpg

「ウラベニホテイシメジかな?」
・・・であれば食用キノコなのだけれど、近種にイッポンシメジとクサウラベニタケという著名な毒キノコがあって、クサウラベニタケにはたびたび遭遇しているけれど、イッポンシメジというキノコには出会ったことがない。

DSC_0699.jpg

一度実見すれば以後は判別が容易になるのかもしれないけれど、ウラベニホテイシメジには毎回悩まされる。食べるのに勇気がいるキノコだ。


次に出会ったのはムラサキアブラシメジモドキ。

DSC_0702.jpg

紫色の可愛いキノコだ。「モドキ」などと言うと似て非なるものという感じで格下感があるけれど、このキノコは風味も良く滑らかな舌触りも楽しめる一級キノコである。

さらにお次はフウセンタケモドキ。

DSC_0706.jpg

また「モドキ」だ。こちらは風味としては可もなく不可もなくといったところだけれど、わりと量感のあるキノコで食感が楽しめる。

そしてスギヒラタケ。かつてこの地では最も親しまれていたキノコであった。

DSC_0710.jpg

数年前、おもに東日本で原因不明の急性脳症が頻発し、患者らが共通してこのキノコを食べていたことから、急転直下、毒キノコとして注意喚起されるようになった。当初報道された症例は腎臓を患って人工透析を受けておられた方々で、「健常な人は大丈夫なのだろう・・・」と思っていたら、後に持病のない方の死亡例も報告された。

中毒を起こした人達は、このキノコをどんなふうに調理して食べたのだろう。苔むしてボロボロになった針葉樹の腐木に発生しているので汚れが付きやすい。なので当方が利用する時は例外なく茹でこぼしてから流水でよく洗い、さらに一晩ほど水に浸しておく。けっこう樹脂臭の強いキノコなので、そのぐらいで丁度よい風味になるのである。

野生のキノコには食用であっても風味が強すぎて、そのまま利用すると気分の悪くなるものがある。ハイイロシメジやブナハリタケでそうした経験をしたことがある。胃に異物感を生じて吐く息も排泄物もすべてそのキノコの匂いになってしまう。茹でこぼして水にさらして食べるぐらいで調度よいのである。オドサマはスギヒラタケもそのように扱っている。

ウスヒラタケ。

DSC_0712.jpg

ヒラタケより身薄で軟弱な感じだけれど、風味も食感も意外に良い。ひらたけよりも発生時期が早いようである。傍らに老木がそびえていて根本に洞が空いていた。

DSC_0716.jpg

人家が空き家であるかが直感的に判るような感覚で、この穴には生き物の気配が濃厚に感じられた。

ナラタケを探しに来たのになかなか本命にたどり着けない。秋は日の傾くのが早く、西からの木洩れ陽はキノコの存在を見えにくくする。諦めて帰ろうかなと思った時に、オオカノシタをみつけた。

DSC_0720.jpg

とても良いキノコだ。「カノシタ」というのは傘裏の絨毛状の針々が鹿の舌のようだということに由来するらしい。

結局、ナラタケには出会えなかった。とはいえ結構な収穫があった。

ウラベニホテイシメジは茹でて水に晒してからトロロ昆布で和えて食べた。苦味が特徴のキノコである。

DSC_0721.jpg

収穫した雑多なキノコは茹でこぼし洗浄処理を経て、すべて一つの鍋で水煮に処された。

DSC_0729_2015101413154613b.jpg

これから雪が本格的になるまでこの鍋は日々怪しいキノコの供給を受け空くことなく煮返されながら、オドサマに昼食と晩酌の楽しみを提供してくれる。中毒を起こしても原因キノコはまず判明しないだろう。アル中だと言われる可能性の方が大きい。

茹でたオオカノシタがアワビっぽいので刺身で食す。なかなかの逸品。

DSC_0725.jpg
DSC_0746.jpg

天狗うどん。野生の山菜やキノコをふんだんに使って作るうどんを勝手にそう呼んでいる。

DSC_0743.jpg

キノコ豚汁。

DSC_0748_201510141315503cd.jpg

キノコつみれ汁。白身魚のつみれだ。しみじみと旨い。

DSC_0750_201510141315526c8.jpg

スギヒラタケは薄身だけれどプルプルとした弾力があって食感も良く、やはり美味しいキノコである。かといってリスクを冒して食べるほどのものでもない。他の人にはお勧めしない。自分は調理次第で安全に食べられるような気がしていて、興味のままに試してみているのである。


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR