FC2ブログ

アザミ

植えてある行者ニンニクの様子を見に行ったら

近くにアザミがトゲトゲの葉を広げていた。

アザミ自生

昨年、本に面白い食べ方が紹介されているのを見つけて、

どうしても試してみたくなって山へ探しに行った。


すでに時期が遅く、みな花をつけていて、

それでもと沢筋の日の当たらない所を探して

ようやく柔らかそうなものを見つけた。

さっそく試してみたところ、

「うーむ、なるほど・・・」

驚きの美味しさであった。


丁度これからお昼にしようと思っていたところ。

空腹のオドサマの目にとまるとは哀れなアザミである。

「大事にいただくからね」と、オドサマは刃物を手にとった。

アザミ収穫

一掴み(一株)をいただく。

手にトゲが刺さって痛い。

「まあまあ、そう怒りなさんなよ・・・」

なんとなく時代劇風に話しかけてしまう。


目からウロコのその調理法がこれ↓

アザミ火炙り

火炙りである。「哀れ」とか言いながら火炙りなのである。

葉先のトゲがキラキラと燃えて、

次第に葉がしなだれてくる

「フフッ・・・どうやら観念したようだな」

今度は悪代官風。


アザミを火に炙りながら

手袋をすると書かれてあったことを思い出した。

アザミがぐったりしてくると

自然、手が火の真上へいくのでけっこう熱い。

トゲが焼けてしまえばチクチクは無くなる。

味噌汁などにしても案外このトゲは喉でチクチクするので、

本当に的を得た調理法である。

下処理としても応用できる。


少しこげるぐらいでよいという。

ほうじ茶のような香りが立ってくる。

全体に熱が通ったら、手のひらでくるくると揉む。

「おいしくなあれ、おいしくなあれ」

今度は幼児番組風。

ぐったりしたアザミ嬢を揉んでいるのが、

悪代官ではよろしくないので・・・。

焼いたアザミ

焼きあがったアザミ。

香ばしく、醤油をまぶすだけで十分おいしい。

苦味キド味は無く、

ゴボウに近い香りがなんとも好ましい。

ちなみにアザミは調理したては色も良いけれど、

熱を通して時間がたつと黒く変色する。


焼きアザミ


 焼きアザミを知ったのは農文協刊行の書籍で、

紹介しておられたのは薬学博士で大学教授の村上光太郎氏である。

お話の面白い人気の先生のようである。


アザミは国内でも60種以上があり

さらに変異も多く、素人では判別が難しいという。

うれしいことに、すべて食用になるそうなので、

そうとなればオドサマは種の同定などどうでもよいのである。

わけへだてなく、美味しくいただきます。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR