FC2ブログ

春の水辺(ヒメタケノコほか)


小川が目に止まり車を停めた。
土手に萌えはじめている緑も気になる。

DSC_0485.jpg

木の洞(うろ)に青いスミレが咲いていた。

DSC_0486.jpg

多分、タチツボスミレ。

DSC_0488.jpg

これも食べられるけれど、今日はいじめないで鑑賞する。
ちなみに味は癖がなく、よく噛むとヌメリがあって、サラダにも使えそう。

ウマノミツバ。

DSC_0489.jpg

「ミツバと間違わないように」と毒草のように扱っている本もあるけれど、食べられる。
「こんなものは馬の食いもんで、人間様の食うもんじゃない」という感じの命名だ。
頭に動物の名前を冠する山菜は、たいがい本物よりも味覚的に一段劣るものが多いけれど、それはそれとして楽しめる。この植物も弱いけれどミツバに似た風味があり、茹でて和え物などに良い。

ウバユリ。

DSC_0494.jpg

縄文時代から北方系の人達はこれを食べていたらしい。
幕末に北海道を踏査し、和人による苛烈な搾取と差別に苦しむアイヌの人々の窮状を幕府に報告した松浦武四郎という人の記録に、アイヌの集落でトゥレプという団子料理を振る舞われたとあり、それがこのウバユリの鱗茎で作られたものだという。

百合根のような鱗茎があるが、硬い部分が多く百合根のようには食べられない。
おそらく蒸し焼きにして柔らかい部分をしごき取ったような食べ物なのではないかと想像する。
油で揚げて食べてみたことがあったけれど、澱粉質のものを油で揚げた時の香ばしさと旨みがあった。
いずれ妄想トゥレプにも挑戦してみたい。

笹やぶがあり、枯れ葉を突き通すようにして小さなタケノコが出ている。
この辺りで笹団子や粽(ちまき)を作る笹である。
郷里の青森にいた頃はよくこれを食べた。
子供の頃からタケノコといえばこれだと思っていた。

DSC_0490.jpg

ひと回り大きいネマガリタケも八甲田山の高い所や深い所などある所にはあったようだけれど、麓に居ながらその存在は知らなかった。

孟宗竹や真竹の竹林などはかぐや姫の絵本でしか見たことがなかったし、その大きなタケノコの実物を初めて見たのは大人になってからのことで、東京の板橋区内にある水族館の傍らの公園の一角にニョキニョキと数本が突き出しているのを見て、これがそうなのかと目を瞠った憶えがある。

小さな笹のタケノコは、ヒメタケノコと呼ばれたり、スズノコと呼ばれたりしている。
よく母がこれの皮むきをしているのを手伝ったが、おかず一食分の皮剥きに一時間はかかる。
大変な手間である。でもその分だけ味は格別。
豚バラ肉との醤油炒めや、豚汁、とき卵入りの味噌汁、ワラビなどと漬け込む山菜の飯鮨(ご飯と一緒に酸っぱく熟成させたもの)などの料理が思い出される。

節も柔らかで歯ごたえがよく、香りも豊かで、タケノコにありがちな喉にイガイガくるえご味も無い。翡翠のような緑色も綺麗だ。今日手にしたものはひときわ細かいし量も少ないので、その場で歩きながら皮を剥いて生のまま食べた。嫌な青臭さなどはない。サクサクとした歯応えに、新鮮な笹の香りと甘みがあった。
プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR