FC2ブログ

カモ鍋

「焚き火で一杯やりましょう」と、さば吉先輩と飯田山菜師匠にお声がけ。「それならいいものがあるよ」と、さば吉先輩。鉄砲撃ちの方から頂戴したカモが一羽、凍らせてあるとの事。いいですね~ということで10月初めの週末、カモ鍋会を催した。

土曜日の昼過ぎからカモの解体にかかる。外はあいにくの冷雨で、焚き火が出来そうもないのが少々残念。カモはすでに羽毛がむしられ丸裸になっていて、わずかに産毛を焼いて処理した際のものか爪を焦がしたような匂いがある。

何やら山椒の種子のようなものが所々に張り付いている。香辛料だろうか?

頭と足も落としてあるが内臓は抜かれていないとのこと。ホルモン好きとしては、出来れば内蔵も利用してみたいところだ。腹を開くと何やら充実した大きな臓器があった。色の具合から「砂肝かな?」などと思いながら、内臓をひとまとめに取り出した。

DSC_0090.jpg

ハツ、レバー、腸・・・と切り分けて、ずっしりと重みのある砂肝らしきものを切り開いてみたところ、中にはたくさんの小砂利と体表に張り付いていた黒い種子が収まっていた。

DSC_0093.jpg

種子は長い首の食道の中からもたくさん出てきた。何か水辺の植物の種子を食べている最中に難に遭ったのだろう。

砂肝はこれまで散々美味しく頂いてきたが、一体どんな役割の臓器なのか、実のところよく知らずにいた。その謎が今回解けた。要するに筋肉質で頑丈な胃袋なのだ。

DSC_0094.jpg

ふだんスーパーで見かける砂肝にも皺々の硬い部分があるけれどもそれが胃の内壁で、カモのものは更に硬くザラザラしている。この頑丈な筋肉袋の中で丸呑みされた種子などの固い食物が砂利と一緒に強力に揉みしだかれ、砕かれ、擦り潰されてゆくのである。

ニワトリが消化を助けるために砂利を食べるという話は聞いたことがあったけれど、こういうことだったのか・・・と、大きく頷いたオドサマ46歳の秋。

鳥の腸というのは食べたことがないけれど、どうなのだろうと洗浄を試みるものの、意外に弱くてすぐに破れてしまう。と言うか、細かい描写は差し控えるが、匂いがいけない。腸はNGである。

肉の解体に取り掛かる。きっと数をこなして骨格と筋肉の位置関係を理解すれば上手に出来るようになるのだろうな・・・などと思いながら左手で骨を探り、刃先を動かしていく。ひときわ肉の赤黒い部分があり、そこに散弾の小さな鉛弾が収まっていた。

DSC_0097.jpg

結構な肉量である。ガラを煮込んで出汁を取り、さば吉先輩から提供してもらった大量のナメコ、オドサマ貯蔵のあやしいキノコ類、ごぼう、春菊、長ネギ、葛切りなどが入ってカモ鍋の用意が出来た。飯田師匠の到着がまだであったが、二人でちびちびと飲酒開始。

DSC_0098.jpg

飯田師匠の到着が遅いので電話を入れてみたところ、なんとも大変なことになっていた。「近道しようと思って狭い農道に入ったら脱輪して転げ落っちゃってさ。◯✕モーターに連絡して待ってるところ・・・体は大丈夫・・・」と。相棒の忠犬キングの「クゥン、クゥン」という切なそうな声も聞こえてくる。

外は冷雨で既にすっかり日も暮れている。さぞ心細いことだろうと思いながらも、既に飲酒済みの二人は出向くことも出来ず、意気消沈してちびりちびり・・・

しばらくして片手にカジキマグロの刺し身の皿を持った飯田師匠が到着した。山盛りのワサビ・・・ワサビが食べたくて刺し身を買うという方である。「これを食べさそうと思ってさ。仕事が終わってから捌いてたら遅くなっちゃったんで近道したら失敗しちゃった、アハハ」と笑顔。本当にこの方のサービス精神は底が抜けている。笑い事ではない筈だけれど、とりあえずは体の無事を喜び乾杯。

DSC_0105.jpg

その後は各々タンクの目盛りが一杯になるまで飲んで、この秋初めて火を入れた薪ストーブの灯りを眺めたりしながら眠りについた。

DSC_0099.jpg


追伸:野性カモの解体はとても貴重な経験となりました。さば吉先輩、毎度ご馳走様ですm(_ _)m

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR