FC2ブログ

ブリコ(2013夏・青森へ)

(前回「2013夏・青森へ」の続き)


青森のホテルへ入ったのは20時過ぎだった。


夕飯には地元ならではの海の幸でもと思っていたのだけれど、父が思っていた以上に衰えていて店を選り好みして歩くのは無理なようなので、手近な店に入った。


折角だから青森ならではのものをとメニューを見るけれど、どこででも食べられるものばかり。そこで、おでんを注文してみた。青森市内でおでんといえば生姜味噌おでんである。けれど出てきたのは、淡白な汁おでんであった。


・・・まあ、それもそうか。どこの地方であれ郷土料理ばかりを食べて暮らしているわけではないし、あたり前のことなのだ。コンビニで夜食を買ってホテルへ戻った。


翌日は朝から墓参り。盆の16日である。青森市の東、浅虫温泉の近くの久栗坂という海辺の集落に母方の墓がある。漁港のかたわらで、陸奥湾を眺望できる気持ちのよい墓所だ。カンカンカンと鐘の音・・・線香の煙に混じって、ホタテ網の匂いがした。


父方の墓所は三内丸山遺跡で有名な三内にある広大な霊園で、版画家の棟方志功もここで眠っている。子供の頃から通った場所である。・・・たたずむとホッとする。墓石に水をかけ、花を替え、線香を焚き、刻まれている名前をひとつひとつ眺める。オドサマを育んでくれた人達。幼いままに世を去った命。目を瞑り、手を合わせる。


叔母の家でお昼をご馳走になった。居酒屋を営んていたこともあるご主人が、綺麗な冷やし中華を作ってくれた。麺が緑色で、「三陸のワカメ麺、栄養もあるしサ」とのお話し。まことに美味しく、次回は大盛りでなどと軽口をきいていたら、父が全部食べられないというので残しては失礼とオドサマが全部平らげた。


それから父の次兄の所へ。85歳になるらしいが、膝が痛いと話しながら、まだ畑仕事にも精を出しているそうだ。植えたキュウリが、

「なぁてなぁてなぁてなぁてよぉ(生りすぎちゃって困ったよ)」

などと話している。父よりずいぶん年上だけれど元気そうだ。


戦時中、父の家族は樺太で暮らしていて、この叔父と、すでに他界している兄達、そして祖父が樺太の鉄道敷設に携わっていた。働き手だった男たちは皆、戦後の抑留生活を経験している。


樺太から本土への引揚船の多くはソ連軍の空爆で沈んだらしい。祖母とまだ小学生だった父以下、三人の妹達が乗った船はひどい時化に遭い、結果としては悪天候に護られて空爆を受けずに本土にたどり着くことが出来たそうである。もしもその日が晴天であったなら、オドサマはこの世に存在していないのかもしれない。嵐の中の引揚船がいかに修羅場であったかという話は、ときどき父が酔って話していた。


夕方から同窓会である。両親には地魚の寿司でも買って帰ってホテルでゆっくりしてもらおうかと思い、けれども普通の寿司屋では午後の中途半端な時刻では営業していないので、駅前市場の寿司屋へ行ってみた。ネタも面白いものがあるはずだ。ところが、夏場は持ち帰りはお断りとのこと。いやはや。


それならばと市場内を物色。面白い食材が沢山あり嬉しくなる。北の海の恵み、大地の恵み、懐かしいお惣菜、漬物、数多の乾物。心の底から「帰ってきた」と思えたひととき。

DSC_0015.jpg

ブリコが目に付いた。うおっ!と歓喜したものの、今日は買えない。明日仙台へ戻る前にもう一回覗いてみよう。

DSC_0014.jpg


ホテル泊なので調理が必要な物は購入できない。友人に勧められていた「ネギ工藤」という不思議な名前の魚屋さんで、冊で売られていたヒラメとマグロの中トロを刺し身に切ってもらえるかと訊ねてみたところ、まことに気持ちよく引き受けてくれた。「大根のつまとワサビもお付けしますか?」「駐車券は入り用ですか?」と、じつに気の利く上品な雰囲気のお母さん。嬉しくてホッキ貝の刺し身も買い足してしまった。


ほっかほっか亭で白ご飯を買ってホテルに戻り、紙皿に刺し身を盛りつけ、父のグラスにノンアルコールビールを注いで、同窓会へと出かけた。

(貝ヒモ項へ続く・・・)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR