FC2ブログ

野草おじや


どんな場面でも、ありあわせの道具で御飯を美味しく炊けるようになっておこうと思い、2合ずつの米を手鍋で炊いてみたりしている。

水加減や火加減を、ああしてみたり、こうしてみたり。

昨日の昼は失敗して、かなり固く炊けてしまった。その御飯が冷蔵庫に残っているので、今日の昼はそれを使っておじやでもしようかなと、事務所への戻り道、道端に具材を探す。

春は色々利用できる野草が豊富だけれど、この時期はそれが乏しい。

雑草に混じってミョウガが一叢。根元を確認してみるも、花芽は無し。

DSC_0063.jpg

尖端の展開していない若葉が目に付いた。軟らかそうだ。試しにそーっと引いてみたら、いい具合に抜けてくる。何となく旨そうだ。少量確保。

DSC_0068.jpg

さらに進むとヤブカンゾウの花が一輪。きれいだなぁとしばし眺める。向こうの山は尾神岳。

DSC_0080.jpg

容赦なく蕾を4個頂く。

DSC_0067.jpg

あとは事務所の周りに繁茂しているクズの尖端を摘んでみる。こいつらは本当に厄介だ。少しいじめてやろう。

DSC_0069.jpg

茎に毛があって口触りが良くないのだけれど、まあ栄養にはなる筈だ。

DSC_0070.jpg

冷凍庫に入れてあった鶏皮と摘んできた野草を刻み、強飯と炊く。野草は包丁で刻む感触が、すでにかなり繊維質な感じだった。タマネギがあったので、それも刻んで入れた。味付けは塩コショウだけ。

DSC_0072.jpg

意外に固さとか口触りとかは気にならず、朝の中華街のお粥みたいで、美味しく頂戴した。繊維質な材料も細かく刻んで混ぜ込んでしまえば、モソモソ感も案外気にならないということがわかった。

DSC_0079.jpg

旨い不味い以前に、野の物を採集して口に入れるまでの工程の全てが楽しい。手に入った材料と向き合い、どうしてみようかと妄想し、調理して味わう。オドサマを動かしている電池は、おおむねそのようにして充電されている。それとバイオアルコール燃料。ハイブリットなのである。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR