FC2ブログ

サクランボ

冬場はどうもオシッコが近く、用を足せるときに絞っておかないとモジモジと我慢するハメになる・・・認めたくはないがそんな年頃なのだ・・・やれやれ。それで自然と人に気兼ねせずに用を足せる安息の場所を確保しておく習慣が身について、それは駅であったり、村役場であったり、公園であったり、妙高山を望む路傍であったりする(←気兼ねするべき)。

妙高山(石橋-橫住線)リサイズ済

でも、これからの暖かい時期は皮膚からの蒸散が多くなるので、それほどトイレを求めてオロオロする必要はなくなる。

そんなマーキングポイントの公園のトイレの前に黒いサクランボの生る桜の木があって、今年も小さな実が沢山、見事についている。

サクランボ1

山桜やソメイヨシノにつく実は小さくて、よく熟すと黒くなって美味しそうだけれど、食べるとかなり苦い。

それに比べるとここのサクランボはひとまわり実が大きめで、食べるとやはり苦味があるけれどもしっかりと甘みもあって、なかなか美味しい。子供は苦味が苦手なのでダメかもしれないけれど、オドサマは人生で苦い思いを散々味わってきたので(ゴーヤとかアケビの芽とか)、この程度の苦味では苦い顔などしないのである。

サクランボ3

子供の頃の回遊範囲に、黒いサクランボの生る木が2本あった。どちらも結構大きな木で、実がついていればよじ登って食べた。オドサマ少年にはこの上なく魅力的な木だったけれど、だれもそれらの木のことは知らないようだった。記憶の中ではスーパーで売っているアメリカンチェリーと同じようなサクランボだった気がしていたけれど、目の前の小粒なサクランボを数粒口に含みながら眺めていたら、「こんなもんだったかもしれないな・・・」と、そう思えてきた。

サクランボ2



プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR