FC2ブログ

クリフウセンタケ

十月中旬の土曜日、

上越市安塚区で午前の仕事を終えて、

秋の陽気に誘われ菱ヶ岳へ向かってみた。

昼過ぎの予定まで少し時間がある。


キューピットバレースキー場の上部、

山頂に近いゲレンデ脇にキャンプ場がある。

キノコはカビの仲間のくせに案外風通しの良い場所を好み、

人の手が入って下草の刈られているような環境が

発生に適しているようだ。

なのでキャンプ場などはキノコ散策には良いポイントとなる。

サンダル履きでも十分楽しめる。


歩き始めて間もなく、

古びた小さな三角屋根のキャビンハウスの傍らに

薄茶色のポチポチを見つけた。

クリフウセンタケ発見

不思議な事に一本だけが引きぬかれ横になっている。

さしずめ、

「なんだこれ?ああ、キノコか・・・ポィッ」と

興味のない人が捨ておいたのか、

「おっ、キノコだ。ん~、知らんキノコだなぁ・・・ポィッ」と

意中の獲物を探しに行ったか、

まぁ何れにしても、有難い。

クリフウセンタケ自生

このキノコには確か以前も一度会っている。

何という名前だったかな、まあいいや、家に帰ってから調べよう。

クリフウセンタケ絹つば

品のある清楚な感じのキノコだ。

見るからに温和で女性的。

傘表面にはヌメリがあり、裏を覗くと

絹糸のようなスケスケの薄膜がヒダを覆い隠していて・・・

なんと、まるで官能小説のような文章ではないか。マズイマズイ ^^;

それにしてもな、美人キノコ。

クリフウセンタケきれい

こんな時、「あっ、あった」と、しゃがんで手を伸ばすと

その先に今まで見えていなかったキノコが見えて、

それに手を伸ばすとまた次が見えてという風に、

キノコはしゃがむとよく見える。

けっこう沢山採れた。

クリフウセンタケ収穫

すぐ側にこんなキノコも出ていた。

クサウラベニタケ

これはたぶん毒キノコのクサウラベニタケ。

食中毒の多いキノコなので、ご参考まで。


その後も別のキノコとの出会いがあったのだけれど、

それは次回の話題にとっておいて、

美人キノコは家に持ち帰って確認したところ、

クリフウセンタケと判明。

尊敬する清水大典先生が名付け親だった。

味も先生の折り紙付き。


晩酌のアテと、家族向けにお毒見役も兼ねて少量を炙り焼きに。

クリフウセンタケ網焼き

大根おろしを添えて醤油を数滴たらし熱々をパクリ、お酒をコピリ。

ああ旨い。

クリフウセンタケ網焼き完成

友人知人を残らず呼んで無理矢理ふるまいたいほど旨い。

採集食の醍醐味。仲間がいればもっと美味しいんだろうな。


先日親子で仙台へ行った帰り路、

県境の山形県・小国町の道の駅で食べた芋煮汁が美味しかったので

あんな感じでと妻にリクエストしてつくってもらった

クリフウセンタケ入り芋煮汁。

クリフウセンタケ芋煮

塗りの剥げた貧乏くさいお椀はオドサマの普段使い ^^;

日頃オドサマの採集したキノコを敬遠する妻も、

この器量良しのキノコには触肢が向いた様子で、

嫌がらずに調理してくれた。

山形名物芋煮汁、どんなキノコにも応用できそう。

大典先生は晩年を山形で過ごされたそうなので、

こんな芋煮汁を食べたかもしれない。

クリフウセンタケ、

見た目にも食タケ感満点で、シャキシャキと歯切れ良く癖のない、

お姫さまのようなキノコでした。




テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR