FC2ブログ

シロヌメリイグチ


この手のイグチの仲間は

まず毒な感じがしない。


シロヌメリイグチ幼菌


けれど中には毒のものもあるし、

苦くて食用にならないものもある。

けれどこのシロヌメリイグチの姿形は、

確かめるまでもないほどに善良な雰囲気。


シロヌメリイグチ傘裏

シロヌメリイグチ傘面


郷里の青森では、

こうしたヌメリの強い多孔菌類をことのほか重用する。

ヌメリのある食品を好む傾向は確かに東北に色濃いけれど、

ヌメリ嫌いの関西方面でのこれらのヌメリキノコの利用は

どんな状況なのだろう。



ここ上越東頸城でも、

裏がスポンジ状の多孔菌類を好んで採集するという人は稀だ。

「あんなが、ブヨンブヨンして気持ち悪(わり)い」

という言も聞かれるし、中には

「美味いもんだよねえ。オラ、ナメコより好きだじゃ」

と言われる方もある。

もとより、

秋の一時期にごく限られた特定のキノコを利用するだけで、

例えば、ナラタケ、ヒラタケ、マイタケ、ナメコなどは

先を争って採集されるけれど、

その他のキノコにはことさら興味がないようである。



キノコ採りをしていて思うのは、

キノコには深刻な毒キノコがあって、

毒でもないけれど不味くて食べられないものや

細かで食用に向かないものなどが多くあって、

実用的で美味しいものがある。

そこで美味しいキノコ以上に知っておかなければいけないのは

むしろ毒キノコの方なのだろう。

食利用したいと思うような姿形を備えていて、

なおかつ深刻な中毒をもたらすキノコというのは

それほど多くはない。

例えば広く親しまれているナラタケモドキに似ている

致命的な毒キノコのコレラタケ(ドクアジロガサ)など、

その存在を意識出来ずにいる採集者は、

危険だなと思う。

危険を認識していないのが危険なのだ。

なので、他所でナラタケ汁などをご馳走になっても、

採集者の技量に信頼が置けない場合は

どうも気味の悪い思いをする。



今朝の新聞にも

ツキヨタケをムキタケと誤用した食中毒の記事が載っていた。

見る人が見れば全く別物なのだけれど、

数を観ていない人が図鑑だけ見て間違えるのも分かる。

オドサマも二十歳ぐらいの頃、

ツキヨタケを大量に持ち帰り母に笑われたことがある。

とかく、希望的判断に従がってしまうのだろう。



とか何とか言いながら、

自分では冒険的にキノコを食している。

いけないなと思うのは、

怪しいキノコを複数同時に食べること。

いざという時にどれに中ったのか判別がつかない。



ここに極めて怪しいキノコ汁がある。


怪しいキノコ汁1


先に紹介したシロヌメリイグチ、

他にヌメリイグチ、アミタケ、ナラタケ、

モリノカレバタケ、カノシタ、ツチナメコ、etc・・・

そろそろ何が入ったか思い出せなくもなっている。

同定を怠けて直感を頼りに放り込んでしまったキノコもある。

量の半端な物を随時足し入れてはひと煮立ちさせておく、

ということを何度も繰り返しているので汁もトロトロだ。

魔女が毒虫やトカゲを煮込んでつくる魔法のクスリを連想させる、

怪しすぎるキノコ汁。とても人には勧められない。

キノコ汁自体は、実のところ煮こむほどに美味しくなる。

どうしてもという人にはご馳走しなくもない。



平日の白昼、自宅近くのスーパーで若干人目を気にしながら

ネギと鶏皮を買い求めて事業所へ。

水煮状態の怪しいキノコ汁を適量取り分け、


怪しいキノコ汁2


蕎麦のつけ汁をこしらえた。


キノコつけ汁


冷たい蕎麦を温かいキノコ汁に付けて食べようというもくろみ。

蕎麦は地元特産の自然薯そば。


自然薯そば


旨い。不味いわけがない。

鶏皮を使うのはオドサマの常套手段。

旨くて安くて、キノコとの相性は抜群だ。

丸のままの大きなズルヌメキノコにかじりつき舌を焼く。

この喜びも、子供の頃からの体験に根ざしているのだろう。

下地のない人は、きっとこれを美味しいとは思わないのだ。

人は成長期によく食べたものを食べると元気になるらしい。

アチチアチチとイグチを食べながら、

なるほどそんなもんだろうなと思った。


キノコつけ蕎麦





テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR