FC2ブログ

イワナ釣り(2014初夏帰省)

6月の下旬に青森へ帰省してきた。

「久しぶりに帰省するけど、オメもどんだ(おまえもどうだ)?」

と、親友から誘ってもらった。


そういえば20代の頃、帰省する彼から東京駅で飲もうと誘われて、悪乗りしてそのまま一緒に高速バスに乗ってしまったことがあった。翌朝、青森駅で呆然として、実家では「何しに来たんだ?」といぶかしがられ、その夜の高速バスで東京へ戻った。


今回も無茶な誘いではあったのだけれども、故郷に実家が無くなっている現在、そんな声でも掛からなければ帰郷の機会など無いので、四方調整を試みて時間を工面した。

彼の実家に二泊させてもらう予定。彼の両親とは親しくさせてもらっていて・・・というか、彼が悪さをして叱られる時に高頻度で隣りにいただけなのだけれども、いつか彼の家で泊まった時に、母君からこんな風に叱られたことがあった。

「カボ(オドサマの俗名)!こいだっきゃおぎゃくさまの布団だんでぇー!オメ寝る布団でねんだや!!(これはお客様用の布団です。貴方のような者が寝る布団ではありません)」

けれど二年前、両親が青森を離れる引っ越しの際、彼女は早朝に現れて

「カボ、こんだ(今度)遊びに来たら、おぎゃく様の布団さ寝がへでけらね(例の布団に寝かせてあげますよ)」

と笑顔で言った。


金曜日の仕事を終えて、上越から青森へ向かった。

途中、深夜というか早朝三時頃に秋田県五城目町の道の駅に辿り着いて、ウシガエルがモウモウいうのを聞きながら、三時間程の仮眠をとった。一年で最も日の長いこの時期、車中での仮眠を日の出前にとっておくのは日中への備えというもの。


午前十時頃に青森に到着。ふと思い付き、幹線道路を折れて路地へ入り込む・・・横内川は橋が架け替えられ、以前よりも流れが綺麗になっているように見えた。この川の水を飲んで育ったのだ。

DSC_0619.jpg

友人に連れられて畑仕事をしているご両親に挨拶。青空の下で畑仕事に精を出す彼の両親は、年齢が進んだことを感じさせはするものの、はつらつと元気そうであった。挨拶も早々に、さっそく友人とジャッコ釣り(雑魚釣り)に出掛けた。


友人の誘いがあってから夜な夜なネット上の地図を眺め回し、遊びの構想を妄想していて初めて知った道があった。青森市の東側の野内川に沿って北東に遡上し、夏泊半島を横断するように分水嶺をまたいで平内町の清水川へ抜ける経路がある。どんな道なんだろう・・・道に沿う二つの川がそれぞれ幾本かの支流を集め、所々に滝の名前も見える。かつて身近であった故郷の未知の渓流・・・滝・・・釣り糸を振り込む場面を思い描く。


川にとりつく前に昼も近いのでまずは腹ごしらえと、野内川の河口近くに青森ならではの煮干しラーメンの店を見つけた。今回の帰省は青森のラーメンを味わっておくのも重要なテーマなのである。

津軽地方の「支那そば」は煮干し由来の酸味と苦味が特徴的である。何で煮干しから酸味や苦味が・・・と以前から疑問ではあったのだけれど、或いは和食調理ではすべからく取り除かれる腹ワタが、地元好みな味には大事なのかなと思ってみたりする。実際、津軽地方の名店ではどうしているのだろう?食べたかった津軽風煮干しラーメンを啜り、さっぱりして川へ向かった。

DSC_0621.jpg

昼の陽光の中を、川の気配を探しながら車を進めた。始めに道路が川に接触した地点で、さっそく竿を出してみた。

下流から他の釣り人が現れて軽く挨拶をした。毛バリ釣りの人のようだった。

岩下の淀みにブドウ虫の餌を振り込んだら当たりがあった。二投目の合わせで針掛かりし、岩魚の姿を見ることが出来た。針は口ではなく背びれに掛かっていた。

写真 2

同じ場所でさらに当たりがあったので友人に勧めてみたところ、程なく彼も綺麗な岩魚を釣り上げた。

「岩魚釣ったのって、初めてがも・・・」

と、友人は髭面の少年のような笑顔でつぶやいた。それから彼はさらにもう一匹を釣り、オドサマはアクセス不能な大きな落ち込みに海釣りのように天秤仕掛けを投げ込んでまぐれの一匹を釣り上げた。

写真 4

(この項つづく・・・)

ドジョウ

(・・・焼きウド項からの続き)

友人夫妻と昨夜遅くまで飲んでいたのだけれど、どうにか起きだして昨夕仕掛けておいたカゴ仕掛けを引き上げに行った。

「あっ、なんか入ってる!!」と妻君。

カゴの一つにはアブラハヤとドジョウが入っていて、もう一つは残念ながら空っぽだった。

ドジョウは全てシマドジョウのようで、普通食用にされているのはマドジョウである。

シマドジョウは流水に、マドジョウは沼や用水池に多いようだけれど、この辺りでドジョウ汁などをご馳走になると区別せず混ぜこぜで食されていて、生息場所も重複があるようである。

ドジョウは夜の反省会のために確保しておき、アブラハヤは放免した。


それから妻君は昨夜の残り熾で焚き火をこしらえて飯盒炊爨に挑んだ。

焚き火一つにもやってみなければ解らない気付きがある。

なんといっても今回は取材のために訪れたのであって、仕事の面でもきちんと収穫がなければいけないのである。

普段から玄米食をしているということで、今回も玄米を持参。飯盒で玄米は難しいかに思われたけれど、以外にも焦げもなく上手に炊きあがり、昼食に美味しく頂いた。

玄米の外皮がプチリと破ける食感が面白く、自然とよく噛むので米の旨味もよく分かる。

おそらく焦げがなかったのもこの外皮のおかげで、糊が出にくいためだろうということで意見が一致し、玄米は飯盒炊爨に向いているという結論を得た。


この日大きな問題が発生した。水が尽きたのだ。

オドサマの隠れ家は水道が通っておらず、山の斜面に掘られた土砂崩れ防止の水抜き井戸から水を引かせてもらっている。

その水がこのところの雨不足で涸れてしまったのだ。

水質がいまいちなので、普段から飲食用には近隣の銘水を汲み置いているのだけれど、その飲食用水の蓄えでトイレの急場もしのがなければいけない。

夕べは蛇口から赤ワインを注いで楽しんでいたのに、今日は台所の蛇口をひねってもカラコロと虚しい音が漏れ出てくるだけの事態に陥っている。にわかに緊迫した空気が漂いはじめた。

もともと腹が弱くて一年中腹巻きが手放せない夫君が、バケツに一杯の水を都合して「わりな(申し訳ない)」とトイレにこもる。他の者は「無事に事が成就しますように」と祈るのである。

「どんだった(どうだった)」
「うん、ながいだ(流れた)」


午後からは少し標高のある山へ向かった。まだ残雪があり、雪解けの山菜が狙えるのである。

道路は思い描いていたポイントの大分手前で閉鎖されていた。

でも歩いて行けなくはない・・・でもまだ二日酔いがちょっと・・・という雰囲気で、少し登った残雪の沢でコゴミ、ハンゴンソウ、ウバユリ、トリアシショウマ、フキノトウなどを採集し、道々けっこう太いウドがあったりヤマブドウの芽を摘んだりもして、短い時間で意外に良い収穫があった。

DSC_0630.jpg


車を止めておいたすぐ近くに清水ががゴンゴンと出ていて、用意してきた容器に水を汲んだ。

地元ではよく知られた銘水で、「ゴンゴン清水」と呼ばれている。

本当にしみじみと水が有難い。

18リットルのポリ容器に4つ、焼酎の取っ手付きペットボトル複数個、その他細かいペットボトルにも汲んだ。

これで明日まではどうにかなるだろう。


場所を移してネマガリタケ(山タケノコ)の気配を探したけれども、この日は残念ながら出会えなかった。

いつもなにやかやと反省会の開始が遅くなってしまうので早めに帰って支度をしようということで、麓の温泉に浸かり帰路についた。

温泉はほぼ貸切状態で、塩分の強いお湯の中で仰向けになると体がぷかりと浮いた。ひょっとして潜望鏡が出ているのではと思い確認してみようとするのだけれど、頭を持ち上げると腰が沈み、結局潜望鏡は確認できなかった。


この日の反省会は山菜づくし。

ハンゴンソウはキク科の山菜で春菊のような強い香りがあり、胡麻和えが好評だった。

カセットコンロに油を張った小さめな鍋をのせ、テーブルの上で天ぷらを揚げながら飲んだ。

DSC_0631.jpg

ヤマブドウの新芽は白い綿毛に覆われた幼い葉が鮮やかなピンク色で縁どられていて可愛らしい。食べては酸味があり、天ぷらネタとして面白い。

その他、コゴミやウバユリも揚げて食べた。

そして最後に今朝の収穫のシマドジョウである。

DSC_0633.jpg

日本酒をまぶして〆てから粉をまぶし油に投入するが、蘇生して油の中をしばし泳ぐものもある。

こうした殺生が閻魔様に知れたらオドサマはきっと地獄へやられるなと思う。

せめてもの罪滅ぼしに、「ウマイウマイ」と唱えながら残さず食べるのである。まぁ、実際に旨いのだ。

低めの温度でじっくり揚げると口触りのわるい中骨も邪魔にならなくなる。

チョイチョイと塩をつけて食べるとじつにビールに合う。

DSC_0634.jpg


身近な自然から食べ物が得られることの喜び。

他の生き物の命を頂いて生きている実感。


最終日は午前に上越市内の温泉「門前の湯」に浸かり、朝昼を兼ねたラーメンを啜り、そして友人夫妻は「来月また来る」と言い残して南東の国へと帰って行った。


テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

モエビ



夏も終わりにさしかかったある日、

大島村のさば吉先輩(金魚と蝶と?の先生)の職場に立ち寄った。

さば吉先輩いわく、

「俺の池に海老がすんっごく増えてるんだよね。どう?ブログのネタに・・・(笑)」

オ:「えっ、イイですね!やりましょう!!」

かくして9月初めの週末、三人の男と一匹の犬がオドサマの隠れ家に集まった。

もう一人の男というのは「大島青空市場」店長のE田氏。

オドサマの山菜師匠で、調理士資格を持つ板前でもある。

犬はE田店長の相棒で名はキング。

ヤンチャな柴犬であったが、いつの間にかお爺さん犬になってしまったらしく、

顔が白っぽくなり瞳も白濁し、おとなしくなっている。

人間の4倍の速さで歳をとるらしい。

この犬が青年の頃、何かしゃがんで作業をしていると背後からやってきて

「ハァハァ」とマウンティングをするので煩わしかったものである。

「トーチャン(E田氏)よりは下だけど、こいつよりは上」と、

上下関係にこだわる習性を持つ犬族の、

そういうアピールだったろうと思う。

キングから見れば、オドサマも同じ群れの一匹なのである。



それぞれが持ち寄った肴で、宴が始まった。

そう、なんといっても今日の主役はこれ、

さば吉氏のモエビ①

実はこの前日、「エビがずいぶん死んじゃった」と、さば吉先輩から連絡が入っていた。

しかしさすがは先輩、エビをたんまり確保してきてくれました!!!



とりあえず「モエビ」と呼んでみてはいるものの、

調べてみると日本にはこのような淡水産の小型エビが数種いて、

一般的には「テナガエビ」の仲間の「スジエビ」と、

「クルマエビ」の仲間の「モエビ」がよく知られ、

けれども慣習的にはこうした小エビをひっくるめて

「モエビ」と呼んでいるらしい。

そんな資料に目を通しながら、

それぞれの種の細かな特徴にちっとも感心が向かないのはなぜだろう?

と考えていて、気が付いた。

「そうか・・・どっちにしても美味しく食べられるからか・・・」

もし味に優劣があれば、おそらく目を凝らして特徴を憶えようとするだろう。

さば吉氏のモエビ②

卓上コンロに油鍋を乗せ、エビを揚げながら乾杯をした。

モエビ卓上揚げ

エビに熱が通っていく時のえもいわれぬ香りが部屋中に広がり、

まずはその香りでビールを飲む。

「周りに油が飛び散る」とオドサマが火を弱めると、

「エビが油を吸い過ぎる」とE田店長が火を強める。

料理に関する徹底的なこだわりが、E田店長にはあるのだ。

揚げたてに塩をパラパラと振り、

油取り紙の上でサッサッと煽ったエビを食べた時、

皆が至福の顔で笑った・・・美味すぎる。

カラリと揚がったモエビ


他にもE田店長の心尽くしの料理が卓上に並んだ。

店長のサンマ酢〆

上りサンマの酢〆

店長畑の今採り茗荷

店長畑の今採り茗荷

店長の鰹タタキ

鰹タタキ

色とりどりトマト

色とりどりトマト



オドサマもいくつか食材の準備をしていたのだけれど、

出る幕がないまま酩酊し、

薄れゆく意識の中で乾麺のうどんを茹でて〆の一品をお二人に供し、

三人分の布団を敷いてシーツを掛け・・・

記憶はそのあたりでフェードアウト。

うどんでどんな物を作ったのかも憶えていない始末でした。





テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ヤマメ(2012春・帰省)

〈さらに先回モクズガニ項の続き〉

青森市内の県立病院に着いたのは午後1時過ぎだった。

父は痩せ、目がキョロリとして入れ歯も外してあり、

オランウータンの子供のような容姿でベッドに横たわっていた。

だいぶ母や看護師さんの手を焼かせているらしい。

拘束帯やミトン(指なし手袋)も置かれてある。

酒と煙草さえあれば食事などどうでも良かった人が、

それらを取り上げられたら食欲が目覚めたのだろう、

食べたがって仕様がないという。

昨日もナースコールを鳴らして、

飛んできた看護師さんに、

「バナナ一本けろじゃ(下さい)」

と、やったらしい。相変わらずだ。

「そんなオランウータンみたいな顔でバナナを下さいじゃ、

看護師さんも、のめっちゃうわな」と笑っていたところに

看護師さんが入ってきて、

「あっ、息子さんですか、見て分かりました。そっくり」

だって・・・がっかり。



父がそんな調子で母もずっと泊まり込みで付き添っていたので、

今晩は風呂に入ってゆっくりしてもらおうと自宅に連れ帰った。

母は父に、「今晩ぐらい、いい子でいでけへよ(いてね)」と言い聞かせていた。



青森市郊外の雲谷温泉へ向かった。

八甲田山への上り框のような場所で、

子供の頃から親しんだスキー場もある。

無色透明のやわらかなお湯に、

昨日から寝ていない体がとろける。

帰り道、市街地の夜景がきれいにみえていた。



晩酌のあては

つぶ貝酒蒸し

ツブ貝酒蒸し、

クジラの漬け

クジラの漬け

フキのホタテ仔和え

フキのホタテ子和え

イワナ田楽(青森 H24.05.19)

そして白神のイワナ田楽。

好物を並べて飲み、間もなく睡魔が迎えに来た。

長い一日だった。



翌朝、4時半に起きて津軽半島内湾に注ぐ蟹田川へ。

蟹田は母の生まれた町で、

ここにまだ母の実家があった幼い頃の思い出がぼんやりとある。

怖くて通れなかった仁王像のある山門、

花嫁人形や玩具の供えられた祭壇、

お墓のヒキガエル・・・。



この時期川にはシロウオ(ハゼの仲間)や

チカ(ワカサギの親戚)が産卵のために遡上し、

それを追ってアメマスやサクラマスも川へ入ってくる。

大きなエゾウグイもいる。

初めてこの川で釣りをした時にサクラマスを釣り逃し、

その時の手応えと悔しさが忘れられず、度々訪れている。



小さな沢の流れ込み、一投目でアタリがあり、

二投目でヤマメが出た。

ヤマメ(蟹田川 H24.05)

さらに同じ場所でもう二尾、イワナとヤマメを釣った。

イワナ(蟹田川 H24.05.19)

いずれも小さいが、幼魚に特有の模様が美しい。

この日の釣果はこれだけだった。でも、充分満足。

母の方はヒメタケにワラビにと沢山の収穫だった。

途中草むらの中にマイマイを見つけた。

マイマイ

今年、エスカルゴを初めて食べる機会があった。

それで貝好きのオドサマは、

きっとマイマイも美味いだろうなと、

味見の機会を伺っていた。



その晩も青森ならではの肴で飲んだ。

ミズとホヤの水物

ミズとホヤの水もの

ツブ貝壺焼き

大きなツブ貝のつぼ焼き。

これらにすっかり満足してしまい、

結局マイマイを火にかけることはしなかった。

マイマイは翌朝、朝露の庭に放した。


続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

イワナ(2012春・帰省)

GWは仕事を休まず、5月後半の週末

青森へ帰省してきた。今回は一人。

金曜の夜に上越の家を出て夜通し北上し、

いつもなら男鹿半島の付け根の五城目町から東へ折れ、

上小阿仁、鷹ノ巣、大館と北東へ進み県境の碇ヶ関で東北道に乗る。

けれど今回は日本海に沿ってそのまま進むことにした。

春の白神山地から流れ出る川に、釣り糸を垂れてみたかった。



深夜3時に山形の酒田でミミズを買った。

こういう終夜営業の釣具屋さんは本当に助かる。



夜が明ける前にどこかで一眠りしようかと思っていたけれど、

能代に着く頃にはすっかり明るくなっていて、

そのまま八森町へと進んだ。

秋田音頭の冒頭、「秋田名物八森ハタハタ・・・」の

八森町である。



運転しながら眼の端に白い飛沫の立つ川を見た。

大岩の間を青々とした水が流れていて、水量も多い。

川はかなり低いところを流れていて、

入渓できそうなポイントを探して道を山手に向かってみた。



川は見えないけれどカーナビの画面上で道が最も川に接近する地点で車を止めた。

道の舗装もそこで途絶えていた。

水の流れる音を頼りに杉林の中を下って行った先に、

目を瞠るような美しい流れがあった。

すっかり目が覚めた。もどかしい思いで釣竿の準備をし、

針にミミズを通して流した。



渓流を釣り登りながら、このまま釣果がなくても十分だと思った。

透き通った水が幅の広い流れを作り、新緑を映してサラサラと流れている。

瀬の中に立ち、惚れ惚れと眺めた。



大きな岩の下手の淀みでアタリがあり、

とっさに手首を返して合わせたけれど針掛かりせず。

もう一度振り込んでみて、

「コツコツ」の後に一呼吸待って合わせたところ重い手応えがあった。

気持ちはすっかり舞い上がっていたけれど、

慎重に川岸まで寄せてきて、後は一気に河原へ放り上げた。

25cmほどのイワナだった。

僕はまだ尺イワナというのは釣ったことが無い。

多分今回のが一番大きいと思う。8寸イワナだ。

イワナ(八森町 H24.05)


そのまま遡っていきたかったけれど、

渓流の遡行は帰りにも手間を取るので自制した。

昼前には父の入院している青森市内の病院へ直行すると、母に言ってある。

心に残る道草だった。きっと宝物のような記憶になるだろう。

いつかまた来たいと思った。



20年前、自転車旅でこの町を通り、

海岸道路の行き止まりの岩場でテントを張って一泊した。

翌朝、少し戻った分岐から急な坂道を登り切った所に

両手を広げて羽ばたいているような女性の像があった・・・

と記憶していたのだけれど、あったのはチコギ崎灯台だった。

記憶も20年分、風化したようだ。

さすがに灯台の立つ場所だけあって見晴らしが素晴らしい。

あちらから見えるということは、こちらからも良く見えるのだ。

静かに凪いでいる青い海を眺めた。

チコギ崎灯台(八森町 H24.05.19)


〈 モクズガニ項へ続く・・・ 〉



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR