FC2ブログ

ヤマドリタケモドキとヤマドリタケモドキモドキ?



仕事帰りの道端にやや大柄なキノコを見つけた。

DSC_0585.jpg

DSC_0587.jpg

ヤマドリタケモドキかな?と思ったけれどもなんとなく微妙に違う気がする。柄の網目模様が傘近くには確認できるのだけれど、全体に不明瞭だ。

DSC_0589.jpg

少量をかじって味を確認してみる。傘裏がスポンジ状のこの仲間には苦い連中も多いのだけれど、このキノコは苦くもない。

自宅に持ち帰り手持ちの図鑑で調べてみたけれど、結局ヤマドリタケモドキ以外に似たキノコが見当たらず、発生条件で容姿が変わるのかなぁと楽観し、試食してみた。

蒸し暑いこの時期、キノコは発生とともに虫やナメクジや他の菌類に冒される。綺麗なものを選んで採集してきたけれど、やはり柄や傘の中央部はウジ虫を細長にしたような虫が侵入している。虫ごと食べてもどうということはないのだけれど、この虫は蜂の子などに比べると硬くしっかりしていて案外舌の上で自己主張するので、これは茹でてから縦に4等分に裂いて粗密になった内部を包丁の背でこそげる様にすると、虫と食害部分が剥がれて食感のよい外側だけを残すことが出来る。

DSC_0604.jpg
(ミル貝でも調理しているかのよう)

茹でるとぬめりが出て、とろろ昆布で和えて食べたけれど、美味しくいただいた。味は温和で癖もなく、つるりぬるりとした口触りは東北人が愛してやまない食感だ。

DSC_0606_20160809185602869.jpg


それから数日後、またまた車中からキノコをみつけた。

DSC_0610.jpg

デカイのが見えたので車を降りて近づいてみたら、その周囲にも沢山、今度は特長のはっきりとしたヤマドリタケモドキだった。

DSC_0609.jpg

DSC_0611_20160809185832fe9.jpg

DSC_0620.jpg

DSC_0613.jpg
(赤いのは多分ニセアシベニイグチ。)

ヤマドリタケモドキは貝に見立ててワサビ醤油で食べたり、豚汁にしたり、鳥皮と醤油仕立ての汁にしたりして、どれも美味しかった。

DSC_0640.jpg

DSC_0632.jpg

DSC_0644.jpg

DSC_0652.jpg

いずれも和風な楽しみ方だけれど、西洋の人達はヤマドリタケをどんな料理に利用しているのかなと興味が湧いた。ドイツでは「スタインピルツ」、フランスでは「セップ」、イタリアでは「ポルチーニ」と呼ばれ、何処でも高級キノコの扱いを受けているという。

正真正銘のヤマドリタケモドキを見ると、やはり先日のキノコは別物だと思った。でもあれほど量感のあるキノコを図鑑に見いだすことが出来ないというのはどういうことだろう?腹も壊さなかったし。どなたかご存知でしたらご教示下さい。それではまた(^^)/

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

速報!ヤマドリタケモドキ、もう出ているぞ!!

 まだ7月になったばかりである。春からの降雨がかなり少なく、天水田では田植えをあきらめる農家も出ている。

 この日、車窓から吹き込む空気の湿度がぐっと上がったように感じたオドサマはキノコパトロールを行った。

面白いキノコの多くが以外にも夏に発生していることをここ数年で知ったので、期待はせずに一応早くからチェックしておこうというつもりだったのだけれど・・・がっ、しか~し!いたよいたよヤマドリタケモドキ!

H250702 ヤマドリタケモドキ(大池)

でも、かなり虫喰いが進んでいて中はスカスカ。

来年はもっと早くパトロールを開始しなければ・・・皆さん、キノコは夏ですよ\(^o^)/

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ヤマドリタケモドキ




 先に紹介したイロガワリ以上に、

夏のキノコに目覚めさせられた名菌、


ヤマドリタケモドキ若い菌


ヤマドリタケモドキ。

これこそ本当に憧れつつ手にしたことがなかったキノコだった。

他にも例えばマイタケやマツタケ、ホンシメジなど

あこがれのキノコはあるけれど、

かれらは高嶺の花過ぎて手が届く気がしない。

いわば美空ひばりや北島三郎や五木ひろしのような大スターなのだ。

オドサマはそれよりも、

味はとびきり良いけれど、知ってる人しか知らないよ的なキノコに

触手が動くのである。

歌手に例えれば・・・冠二郎・・・。

そう、ガッツ、ファイト、アイライク演歌の冠二郎さん。

ほらね、知らない人は知らない。


そんなヤマドリタケモドキと初めて出会ったのも、

故郷青森の雲谷峠だった。

柄の部分の網目模様を惚れぼれと眺めたものである。

キノコといえば秋のものとばかり思っていたので

これまで出会うことがなかったのだ。

その日は他にも、タマゴタケなどの美しいキノコの姿もあって、

本当に目からウロコの嬉しい発見だった。

それ以来、まだ蒸し暑い時期からキノコの姿を意識するようになった。


ヤマドリタケモドキ幼菌


 以上の画像は今年の夏に上越市内で採集したもので、

なかなかずっしりとしていて見応え満点。

西洋ではこのキノコにごく近い種が「セップ」の名で一般的に利用され、

市場にも並ぶらしい。

そちらが「モドキ」ではない本家の「ヤマドリタケ」のようだ。

日本でも輸入食品店などで乾燥品をみかけることがある。

あちらではどのように用いられているのだろう。


蒸しヤマドリタケモドキ


 茄子と一緒に蒸して、生姜と削り節を載せてポン酢をちょろり。

キノコの特徴を知るのに手っ取り早い楽しみ方だ。

特に個性的な香りがあるわけではないけれど繊維を噛み切る歯応えが心地よく、

なかなか、至福のおつまみである。


プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR