FC2ブログ

アカメガシワ



ここ一年ほど、口の中にやたらに血腫ができるので気に掛かっていた。

スルメのような硬いものや、熱いものを食べるとよくできる。

そこで色々調べてみたところ、思い当たるふしがあった。

おそらく飲み過ぎなのだ。

長年にわたる毎日の飲酒で肝臓が弱っているのだ。

血液の成分の中で、出血を止める働きのある血小板は肝臓で作られるらしい。

この血腫が頭の中にできれば脳出血ではないか(恐)。

気をつけなければ・・・。


などと思いながら、普通にお酒を飲んで過ごしているのである。

好きな事を「やめる」というのは本当に難しい。


新潟には「無尽蔵」というラーメン店があって、

特許製法の柿渋入りの麺が素晴らしい。

ツルツルで、コシが強くて、他では味わえない食感だ。

そちらでラーメンを啜りながら、柿渋についての説明書きを眺めていた。

「なるほど、柿ポリフェノールは抗酸化作用が強いのか・・・」

「ふむふむ、血管が丈夫になるのか・・・」

口腔内血腫のお悩みに、光明が差した気がした。

「やめる」のは苦手なオドサマも、「摂取」するのは得意だ。

人並み以上に好き嫌いは無いほうだし、むしろ皆が尻込みするような食品を好む性質だ。

それからはポリフェノールが気になりだして、

柿以外にも、身近な強ポリフェノール植物に辿りついた。

アカメガシワ自生

アカメガシワ。

薬用にすることは何年も前に本で見て知っていたけれど、

体に問題がなければ、薬草など興味の対象ではなかった。

・・・現在はたいへん興味がある(汗)。


一般的に漢方では整腸薬として用いられてきたようである。

その他、腫物の消炎や、痔疾にとある。

近頃はマロッシン酸という抗酸化ポリフェノールを多く含むことが知られるようになり、

健康茶として販売もされている。

抗酸化ポリフェノールは体内の有害な活性酸素を除去し、

老化やガンの予防に効果があるという。

これは摂取しなければ・・・。

オドサマはじつのところ腸のトラブルが多く、

過去に怪しいポリープが見つかり嫌になるほどお尻からカメラを入れられてもいるのである。

子供の頃の開腹手術で腸の癒着があるらしく、

いつも特定の部位でカメラがつかえてしまい大変な苦痛を味わった。

一度はそれで腸壁から出血して、ひと晩入院させられたこともあった。

年に2回と勧められていたけれど、検査自体が危険な気がして、ここ10年以上は受けていない。

検査の時、表皮麻酔薬を塗るのに肛門に指を入れられる。

その時医師が、「イボ痔もあるね」と話していたけれど、

幸いそちらの方はまだ困った事態には至っていない。

ともあれ、アカメガシワの効能に、運命的な出会いを感じたのである。


山暮らしであり、山間を縫っての営業なので、

気にして見ればアカメガシワは道端にもたくさん自生していた。

日当たりを好むらしくて目に付きやすい所に有るし、赤い新芽はよく目立つ。

通りがかりに見かけては一掴み、見かけては一掴みと干し貯めておいた。

アカメガシワ収穫

アカメガシワのポリフェノールは熱で変質してしまうので、

お茶は水出しする必要があるという。

それでは作り置きがきかないし、その都度抽出するのはどうも煩わしい。

他に良い利用法はないものか・・・そうだ、薬酒だ!!

ということで、結局またお酒である。

毎晩、少量ずつ、抗酸化ポリフェノールを摂取することに決定。


広口ビンに乾燥葉を入れ、25度の安焼酎を注いでほんの一晩。

驚くほど色の濃いお酒になった。濃厚な紅茶のような色である。

味は若干の甘味と渋み、香りは何に例えようか・・・。

よく熟した青臭くないトマトのような感じだろうか。飲みにくい感じはしない。

むしろ慣れれば、美味しく感じるようになりそうだ。

アカメガシワ酒(1)

続けてみて、効果はいずれまたお伝えすることとしたい。

それにしても、身の回りの自然にこうした恵みが存在することを、

つくづく有難く思う。

悪い病気にならないように、いつまでも若々しいオドサマでいられるように、

しばらく晩酌はこれをチビチビと楽しむことにする。

アカメガシワ酒瓶入り





関連サイト: 「口の中の血豆は危険信号!?肝臓をいたわって脳出血を防ごう!」

続きを読む

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR