FC2ブログ

戻しワラビのポン酢浸し

 
 越後東頸城のお茶飲み文化のようなものはどこから派生しているのだろう。

他で経験したことが無かったオドサマなどは、はじめは随分とまどった。

何かの用事でお宅に伺うと、なんとなく手際よくお茶を勧めていただくのだけれど、

縁起が良くないのか失礼に当たるのか、「一杯茶は良くない」とどんどん注がれ、

お茶菓子が並び、漬物が並び、山菜の手料理が並ぶ。

「甘いもの食べると、しょっ辛いのが食べたくなる」と言い、

「しょっ辛いの食べると、甘いものが食べたくなる」とも言い、

甘いものと塩辛いものを交互に食べながらお茶をすする。

かなり飲まされ食べさせられ、勧め方が熟練しているだけに、

上手く遠慮するのにも熟練が必要なほどである。

そんな場面で出して頂いた一品。


干しワラビのポン酢浸し


 この地もまた出稼ぎオヤジのお故郷である。雪国の試練を背負っている。

こちらのお宅のオド様は、冬期間、大阪へフグ調理人として出稼ぎに行っておられた。

夏場は農業と茅葺き職人の兼業である。

農家でフグ調理人で茅葺き職人・・・どれもなまくらには務まらない技能職だ。

このあたりではそれが普通のことらしい。なんという逞しさだろう。

どの仕事も忙しかったし、ずいぶん良い稼ぎになったという。


「10月から4月まで、一年の半分は留守なの。

嫁に来て、こんしょ(この人)の親と暮らして・・・

今の人は考えられないでしょ」と、奥様が笑う。

でもそれが夫婦円満の秘訣なのかなと思ったりもする。

遠く離れて、お互いのことを心配しあっていたのだろう。

そんな記憶が、今を繋いでいるのかもしれない。


取り寄せた大阪のフグ料理屋さんのポン酢に、戻した干しワラビを浸したそうである。

彩りに人参の千切りが入っている。

美味い。大体、ポン酢がオドサマのような東北人の知っているものとは別物だ。

濃厚な柑橘の香りがワラビによく合う。コリカリヌルネバ。

関西ではネバネバ食品は好まれないというけれど、

ワラビはどうなのだろう?


ポン酢は大阪の「だいまさ」というお店のものらしい。

でも、お父さんに、お世話になっていたお店は?と伺ったところ、

「すしはん」と答えられた。

脳卒中で一時は認知が危うくなっていたけれど、

今はだいぶ回復されている。



テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR