FC2ブログ

2017秋のキノコ散歩①


2017年の秋は時間に余裕がなくて、すっかりブログをご無沙汰してしまいました。年が明けて2018年となり、ご挨拶をかねて少しばかりこの秋の記憶をたどってみたいと思います。


9月下旬、柿の実が赤くなり始めたのを見て、キノコの様子を見に公園を歩いてみた。自然の恵みの旬を知るのに、目につきやすい何かと関連づけて記憶しておくのは良い方法だ。たぶん古人もそんな風に採集を楽しんできたのではないだろうか。

歩き始めて程なく、ナラタケモドキと出会った。コナラの木の立ち枯れに豆モヤシのように密集して発生していた。

DSC_0471.jpg

まだ成熟していない粒粒がほとんどで、なるべく成長したものを選んで採集した。

DSC_0473_201801110848260e3.jpg

ナラタケとの区別は、柄の上部に傘の縁が付着していた痕跡である薄膜状のツバが見られないところが特徴的で、サイズも小さい。味覚的にはナラタケよりも劣る印象だけれど、じっくり煮込むと口触りが滑らかになり、十分に美味しい。

DSC_0475.jpg


苔だろうか、それとも菌類だろうか。可愛らしく赤い穂をつけていた。初めて出会った小さな営み。

DSC_0482_2018011108483148e.jpg


アカマツの倒木に群生していたチャツムタケと思しきキノコ。これは食べない。

DSC_0478.jpg


毎年軽率なキノコ採集者を奈落に陥れる毒キノコ、クサウラベニタケ。このキノコを食べた者はすべからくトイレにひざまずいて頭を垂れ、便座に腰掛けては苦悶の表情で後悔の涙を流す。

DSC_0483.jpg

クサウラベニタケは食用のウラベニホテイシメジとよく似ていて判別が難しい。ウラベニホテイシメジには傘表面に薄絹を被せて指で押さえたような淡い表情があり、クサウラベニタケにはそれが無い。

DSC_0484.jpg


ナラタケモドキだけを持ち帰る。

DSC_0487.jpg


家に戻ったら飼い猫の「ねこ」が擦り寄ってきて、地面でくるりくるりと親愛の情を表現した。怪我で尻尾をなくしているのでカピバラっぽい。

DSC_0488_20180111084837213.jpg


郷里の青森ではナラタケもナラタケモドキも、「サモンダシ」の愛称であまり区別せずに利用する。新潟でもアマンダレ、ヤブタケ、ズランボなど地域ごとに愛称があり親しまれている。野生キノコはナスと合わせるのが新潟風で、ナスは毒消しになると信じられている。

DSC_0500.jpg

続きを読む

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR