FC2ブログ

古い道具


夜には台風25号がやってくるという週末、新潟は10月というのに35度の真夏日を記録した。
上越から寺泊へ向かう海岸線は、季節が戻ったように砂浜が日光を反射し、波の向こうには佐渡島が青く浮かんでいた。

目当ての寺泊民俗資料館は海岸通りから少し内陸に入った田園地帯にあった。
空には無数のトンボたち。

刈り取りの終わった田んぼを見渡す小高い山裾に位置する施設は、廃校になった小学校を改装したもののようで、まだ内装が新しく展示も綺麗に整っている。

一階部分にはトキを軸とした地域の自然環境についての展示。二階には収集された古い道具たちが、当時の生活風景を想わせる丁寧な解説とともに展示されていた。

DSC_1351.jpg

古い道具は面白い。使い込まれて角の落ちた木製の漁具や調理器具。

「どんな風に使ったものだろう・・・」

DSC_1359.jpg

天然素材で工夫された道具の数々。
どれも趣があって、興味深く用途を探ると、そこには人々の知恵に満ちた営みが立ち上がってくる。

DSC_1362.jpg

文化や習俗は、その継承に50年の空白が生じると消滅してしまうものだという。科学技術が発達して便利なサービスが普及した現代は、人が命を紡いでいくために継承してきた手仕事の技術や生活の知恵が忘れ去られていく時代だ。

DSC_1352.jpg

でも、ちゃんとそれを惜しむ人達がいて、寺泊民俗資料館の展示では長い眠りの中にあった古道具を通じて、普遍的で温かな営みの原形に光が当てられている。

DSC_1353.jpg

40代で初めて経験した米作りは度々不機嫌を起こす農機械に悩まされた。機械屋にもあきれられ、仕方なく自分で修理を試みてわかったことは、現代の機械も基本的には昔からある道具を動力化したものにすぎないということだった。

既に私達の世代は、便利な環境の中で古い生活技術にあまり接触せずに育ってきている。災害で停電でもすれば煮炊きも出来ず、暖をとることさえも出来ないありさまだ。ある意味、退化していると言ってもいい。

DSC_1365.jpg

いま、都会から地方への移住を考える人が増えているという。中には私自身もそうだったけれど、人の営みの原形のようなものに憧憬を抱いている人も多いのではないだろうか。そんな人にはぜひ訪れてみてほしい寺泊民俗資料館の展示だった。

DSC_1388.jpg

帰りは柏崎港で寄りみちをして、徐々に赤らむ水平線を眺めながら釣り糸を垂れてみた。結局、釣りはボウズに終わったけれど、とても充実した良い休日だった。

DSC_1366.jpg

プロフィール

オドサマ

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
Share Vision
サイトアフィリエイト無料テキスト進呈中!
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR