アカモクを拾って食べる



冬の間はとくに採集物もなく、雪の始末や何やらに忙殺されつつ、時間があればコタツで猫と寝て過ごす。毎年この時期は確定申告に泣かされるのだけれど、あいも変わらず現実逃避の日々。

DSC_1131.jpg

岩海苔の季節なので、2月下旬の日曜日、潮回りが大潮の日の干潮の時間帯を見はからって海岸に行ってみた。

DSC_1127.jpg

風が強く、時折雪も吹きつける中、カッパを着て階段状のコンクリート護岸に付着している海苔を摘まんでいると、手がかじかみ、腰が痛くなってくる。

「味噌汁の一回分も採れればいいかな…」

手のひら一杯ほどもあれば、それでまあまあ楽しめるのである。

DSC_1124.jpg

波打ち際にいると、15分程の周期で大きな波がやってきて慌てさせられる。ボールがさらわれ、せっかく採った海苔の半分ほどが流されてしまった。

呆然と立ち尽くし周囲を見渡すと、遠くまで全く人の姿が無い。砂地には緑もなく、寂しい風景である。海苔の時期に、休日で潮が大きく退く日はわりと希少なのだけれど、こんなことを楽しもうという人は今はもう少なくなったのかも知れない。

DSC_1125.jpg

打ち上げられていた海藻の塊。

DSC_1123.jpg

物色してみると、美味しいのが沢山混じっていた。

DSC_1121.jpg

アカモク。この辺りでは「銀葉草」の名で時期になるとスーパーにも並ぶ。調べてみると「ギバサ」の地方名があるので、それに漢字を当てたものかもしれない。「ながも」の名で売られていることもある。

今が旬で、生を刻んでお椀に入れたものに熱い味噌汁を注ぎ入れると茶色い色がサッと萌木色に変わり、生ワカメに似た芳香が立ちのぼる。めかぶのようなヌメリがあり、シャキシャキと歯応えも良く、茹でてから包丁で軽く叩いて酢醤油で食べるのも美味しい。

試みにカップヌードルに生のものを載せて熱湯を注いで三分間待ってみる。ワカメがそうだから、おそらくこの海藻も豚骨スープとは相性が良いのではないだろうか。

DSC_1159.jpg

DSC_1160.jpg

夏に海水浴をしていてこの海藻が繁茂しているのを見つけ、歓喜して持ち帰り食べてみたことがあったけれど、まったくヌメリがなくモサモサとして不味かった。いま思えば生殖を終えた立ち枯れを食べていたのだから不味いわけだ。

雌雄異株で、2月のこの時期は枝分かれした細い茎に雌雄それぞれの生殖器をびっしりと付けている。春に精子が放たれ、受精するのだという。海苔は思うように採れなかったけれど、良いものを拾った。

「拾って食べる」という豊かさ。海辺に暮らす人達は昔からわりとそんな風に海藻を利用してきたのだ。たくさん落ちているけれど、欲張って持ち帰っても食べきれないので、ヌメリが強く歯触りの良いさや状の生殖器がたくさんついた部分を選びながら採取した。

アカモクは水洗いして砂を落とし、茹でて刻んでどんぶりに酢で和えておいた。そうしておくとわりと日保ちが効く。好きなだけを取り分けて、醤油を垂らして食べる。

DSC_1142.jpg

岩海苔は弁当の味噌汁にした。

DSC_1146.jpg

海藻の青々とした香り。今年も冬を終えることができそうだ。

プロフィール

Author:オドサマ
郷里の津軽地方ではナイスミドルをオドサマと呼びます。まだそれほどの年齢でもないのですが、故郷への親愛をこめてハンドルネームとしています。現在は新潟県東頸城在住です。古代、東北は採集民の楽土であったといいます。その血統によるものか、自然の中で食材の採集を楽しみ、調理を楽しみ、食べることを楽しむことで、日々心身が満たされています。そんな喜びをブログを通して多くの方にお伝えできればと思っています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧
最新トラックバック
オドサマの本棚
フリーエリア
月別アーカイブ
ランキング応援お願いします!
↓↓↓

FC2Blog Ranking

日本ブログ村ランキングも参加中!
RSSリンクの表示
QRコード
QR